基本的な対策を学ぶ

肌の保湿成分

保湿は角質層のうるおいから

スキンケアの基本である保湿。何をやっても、肌がうるおっていなければ、効果も半減します。 保湿のポイントは角質層のうるおい。 保湿成分がたっぷり入った化粧水で角質層をうるおし、補った水分が逃げないように、乳液やクリームでふたをしてあげましょう。

肌を潤わせる「注目の保湿成分」

セラミド

肌表面部分の0.02mmの薄い角質層にある成分です。角質層には、平たい角質細胞が重なり、その間を埋める脂質の約半分が「セラミド」です。セラミドは親油性と親水性の両方の性質を持ち、層状に整列して肌から水分が逃げないように働きます。まさに肌の保湿分の要で、肌からセラミドを除くと、ひどい乾燥状態になり、いくら保湿ローションを塗ってもその効果は長持ちしなくなります。冬は誰しもセラミドが減り、年をとってもセラミドは減ってきます。そのため、肌は保湿力を失って、乾燥肌になってしまいます。 そんなときの対策が、セラミド入りスキンケア。セラミドは肌なじみがよく、べとつかず、肌のセラミドが失われて角質が乱れたところほど、よく吸収されます。 セラミドによるスキンケアを効かすコツは、十分な量が入った製品を使うことです。セラミドの種類ごとに、肌を改善させる量が異なります。

ヒアルロン酸

わずか1グラムで水6リットルの保水力をもつといわれる優れた保湿成分です。 もともと表皮と真皮の両方に存在していて、角質層の細胞間をうめる役割を果たしています。ただし、体中のヒアルロン酸は、成長とともに減少していきます。 ヒアルロン酸が豊富な皮膚ほど柔軟性が高く、たとえば大人の皮膚に含まれるヒアルロン酸の量は、赤ちゃんの20分の1です。 そこで、ヒアルロン酸を補うことで、水分の保持能力を高め、コラーゲンとエラスチンの損傷を防いで、肌の張りと弾力を保ちます。また、乾燥で保湿力が低下した肌をみずみずしく保ちます。

リピジュア

化粧品やシャンプーのほか、ストッキングなどにもその有効性がいかされており、注目の成分です。 肌の角質細胞の間を満たす、「細胞間脂質」と同じ構造でできており、角質層を整え水分の吸湿性や保湿性に優れて、みずみずしい肌を保ちます。肌への親和性がたいへん高く、ヒアルロン酸の約2倍の高い吸湿性があります。 特徴的なのは、その持続性です。水洗いしてもその保湿性がずっと維持できます。 さらに、肌荒れを抑制する効果もあります。 様々な人工臓器を開発するために必須の素材でもあり、高い安全性があります。

植物性女性ホルモン様成分(イソフラボン等)

皮膚の老化の原因に、紫外線とともに注目されているが、女性ホルモンの減少です。更年期にさしかかるころ、次第にホルモンのバランスが崩れだして、肌のうるおい成分の減少などの老化現象が目立ってきます。 そこで、注目されたのが女性ホルモンのような作用がある「植物性女性ホルモン様成分(イソフラボンなど)」です。

  • 保湿作用
    角質層の水分を保つ保湿作用があり、皮脂の分泌を促すことで肌に張りや艶を与えます。

その他にも以下のような作用があります
・肌再生作用
・美白作用

アミノ酸

角質細胞の中の、肌が本来持っている天然うるおい成分「天然保湿因子(NMF)」の主成分がアミノ酸です。この成分を補うことで、肌にうるおいを保ち、肌を保護します。 実は、真皮を構成している要素で肌のハリや弾力を保っているコラーゲンやエラスチンなどもこれらもアミノ酸からできています。 肌のさまざまな成分の元にもなり、アミノ酸にはさまざまな効果があります。

  • 肌の生まれ変わり(ターンオーバー)を円滑にする
  • 肌の生まれ変わり(ターンオーバー)を円滑にする
  • 肌の生まれ変わり(ターンオーバー)を円滑にする