アンチエイジングとは? What is anti-ageing?

いつまでも健康で若々しくいたい。
見た目も内面も、いつまでも美しく健やかでいたい。
充実した人生をおくりたい。

「アンチエイジング」とはいったい何だろう?

人を含めすべての生物は、この世に生まれ、そして死んでいきます。
生物学的には「老化」とは生物の体が成熟した後、死に至るまでの衰退のプロセスのことを指します。

では、「アンチエイジング」とは、いったい何のことでしょうか。
日本語で言えば「抗老化」「抗加齢」。

「アンチ」という響きの印象から「不老不死」をイメージされる方も少なくありません。
しかし我々アンチエイジングネットワークの考えている「アンチエイジング」はそうではありません。私たちは「アンチエイジング」について「時計の針を止めること」ではなく、「針を少し戻して、その進みを遅らせること」と考えています。

例えば、肌の若返りは、スキンケアや医学的治療により、外部から皮膚そのものをケアすることであり、「針自体を逆戻りさせる」ことに当たります。

そして、普段の生活における、食や睡眠、運動、美容などの質の向上も、実は、アンチエイジングに欠かせない重要な要因なのです。

エイジング曲線の確度を緩やかにするために

本来のアンチエイジングが目指すものは、人の成長が止まった後、見た目の老化現象とともに急激に落ちていく体のエイジング曲線の角度を少しでもゆるくしていこうというものです。

60歳で到達してしまうと言われる体の劣化を70歳、80歳まで引き延ばすことができれば、「老化」のスピードを抑えたことになるわけです。逆からみると、80歳なっても60歳程度の劣化にとどまっていることは、20歳も若さを保っているといえるでしょう。

現状の抗加齢に対する考え方

医学的視点から見たアンチエイジング

このサイトでは医学的視点をベースに、その原因や対策を第三者機関として皆さまに情報提供できればと考えています。それでは、医学的視点から見た「アンチエイジング」とはいったいどのような考え方なのでしょう。

暦年齢と生物学的年齢
年齢には生年月日を基準とする「暦年齢」と暦の年齢に対して、空だと精神的な機能も含めた健康状態を表す「生物学的年齢(リアルエイジ)」の2種類があり、アンチエイジングでは後者を重視しています。「生物学的年齢(リアルエイジ)」を「若く保ち、健康を維持し、少しだけ時計の針を戻す」ことがアンチエイジングの考え方の基盤となっています。
Q.O.L.の三位一体
またアンチエイジングとは老年期のQ.O.L.(クオリティオブライフ = 人生の質)の向上を目指すものといえます。
では高齢者にとってQ.O.L.の指標は何でしょうか?
それは「疾病予防」「社会生活」「判断力と体力」この3つの条件の輪が絡んだところに高齢者のQ.O.L.があると考えています。
「老化」を遅らせる医学的取り組み「抗加齢医学」
老化に対する医学的な取り組みが、「抗加齢医学」と呼ばれるものです。1年に「1歳」、人がとしをとる加齢を避けることは出来ませんが、この医学は加齢に伴う老化現象を防ぎ、遅らせることを目的にした医学です。

本サイトについて

ネットワーク形成により、精査された情報を提供します
特定非営利活動法人 アンチエイジングネットワークが提供する包括的な医療情報は、臨床経験豊富な医師団と関連分野のエキスパート集団が、そのネットワークを利用して形成するものです。
同じ目的をもった様々な分野のエキスパートの存在により、昨今、巷に氾濫する「アンチエイジング」に関する情報を精査し、より確かな形で皆さまへご提供してまいります。

  • 老化の原因を知る
  • 基本的な対策を学ぶ
  • 最新情報を読む

関連リンク