老化の原因を知る

【細胞の老化】細胞時計説/体内時計説/遺伝子プログラム説

人間の体を構成する細胞に寿命があるという考え方。
遺伝情報を担っている染色体の末端にテロメアと呼ばれる部位がついています。これは、細胞分裂の際、遺伝情報を正しくコピーして受け渡す働きをしているのですが、分裂するたびに短くなっていき、ある程度まで短くなると分裂をやめて自壊します。
したがって長さ自体に個人差はあるものの、一般的に大人よりも子どもの方が、テロメアが長いということになり、細胞分裂ができなくなれば必然的に人体の活性は失われるため、結果としてこれが老化のサインとなってきます。