老化の原因を知る

【細胞の老化】DNA損傷説

生命の設計図であるDNAが活性酸素や紫外線などの刺激により損傷し、修復される前に細胞分裂してしまった場合、劣化したまま間違った情報が受け継がれてしまいます。
細胞分裂は生命活動を続ける限り繰り返し行われるため、これまで発生した損傷・劣化した情報が蓄積された結果、老化につながるといわれています。
遺伝子:遺伝情報の最小単位(概念)
ゲノム:特定の生物が持つ、すべての遺伝情報(概念)
DNA:遺伝情報が書き込まれた物質(モノ)
染色体:DNAが折りたたまれて太短くなったもの(モノ)です。