老化の原因を知る

【機能の老化】免疫機能説

免疫は最近やウイルスといった病原体の観戦を認識し、排除するとともに、その病原体の再感染を早期に防ぐシステムです。しかしながら、この免疫機能が低下することで、様々な病気を引き起こす可能性があります。免疫機能の低下として知られている原因として、環境やストレスなどが挙げられますが、加齢も原因の一つとされてます。
またがん細胞を単独で直接攻撃するとされるNK(ナチュラルキラー)細胞の活性も、加齢と共に減少していくことが知られています。
免疫機能の低下により、加齢と共に様々な罹患リスクが高まるとされていることからも、ストレスを溜めないことや生活習慣を見直すなど、免疫力のバランスを崩さないことがエイジングケアの有効な手段の一つといえるでしょう。