アンチエイジングニュース

クローズアップ・アンチエイジング

季節はすっかり冬。
寒さが厳しくなり始めたこの季節に取り上げたのは「乾燥」です。
ぜひ、生活の中のアンチエイジングにお役立てください。

》メディカル情報


エイジングサイン
「口の中が乾燥しやすくなった」
それって噂の「ドライマウス」かも。
基本的な症状とその対策とは?

》サプリ・食事・栄養


レシピ:さつまいもときのこのフラン
空調が完備している最近の家庭や職場では、冬の室内の湿度は20%ともいわれ、肌は常に乾燥状態に置かれています。室内の保温保湿とともに、乾燥肌に良いといわれる栄養素を摂りましょう。

レシピ:さばのトマト煮
外食のフライやファストフードをよく食べ、魚をあまり好まない人たちに、乾燥肌が多く見られるのは、必須脂肪酸のバランスが崩れやすいから。サーモンやさば、いわしなどから不足しがちなn-3系脂肪酸を補いましょう。

“海のミルク”で潤いGET
この時期、まだ寒さに慣れない体に変化が訪れてくるのは肌や髪の毛、爪などの乾燥です。そんな乾燥対策に食から取り入れたいのが牡蠣!

栄養面からで乾燥対策!
乾燥対策に必要なのは、良質なオイル。そして唇の荒れにはビタミンB2。
しかし一番大切なのは栄養に偏りのない、バランスの良い食事です。

》ライフスタイル



ヨガ:冷え・乾燥対策のポーズ(動画あり)
冬はアーユルヴェーダではヴァータが多い季節。下腹部に暖かさをもたらすようなポーズが◎
下半身の冷えをとり足元からぽかぽかしていくようなポーズをご紹介します。

  • facebook Share
  • Tweet
  • LINE

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新記事をお届けします

カテゴリ一覧