アンチエイジングニュース

【ハーブ】ローズヒップで紫外線対策

ローズヒップは、ドックローズという品種の野ばらの実を天日で乾燥させ、細かく砕いたものです。原産国のチリでは『若返りの秘薬』と呼ばれ、その美肌効果の高さには定評があります。

ローズヒップは「ビタミンCの爆弾」を呼ばれるほどビタミンC豊富に含んでいます。
ビタミンCには、チロシナーゼの働きを阻害することによってチロシンからメラニンに至るまでの一連の反応を抑制し、メラニンの生成を減らす効果があるとされています。また、コラーゲンの生成を促進する効果と、これらの結合を強化する効果あるようなので、美肌ハーブの代表格といえます。

ビタミンCといえば、熱処理に弱くまた水などにも溶けやすいのが難点。しかし、ローズヒップにはビタミンCを熱から守ってくれるビタミンPも含まれていますので、熱を加えてもが壊れてしまうことがありません。
ぜひ、温かいローズヒップティーにして、身体の中からの紫外線対策にお役立てください。

*******************************

【味・香り】
ほのかな酸味と、柔らかい口当たりが特徴

【美味しい入れ方】
お湯300ccつき、ハーブはティースプーン2杯程度
蒸らし時間:5分
★酸味がポイントのローズヒップティー。ポイントは「濃いめ」にすること。
酸っぱいからと薄くしてしまうと効果が半減してしまう上にさらに飲みにくくなってしまいます。

【飲むタイミング】
ビタミンCは体内では生成されないので摂取あるのみ!とはいっても水溶性のビタミンなので、一度に大量に摂取しても尿と一緒に排泄されてしまいます。
こまめに摂取していきましょう。

【おすすめブレンド】
■□■ 美白・美肌 ■□■
≪ローズヒップ+ラズベリーリーフ≫
バラどうしのブレンド。ラズベリーリーフには抗酸化作用の高く、ビタミンCと同じくチロシナーゼの働きを阻害するエラグ酸が含まれており、より高い美白効果が期待できます。

最後に残る出がらしは、ヨーグルトなどと混ぜて食べると美味しい上に、効能がぎゅっと詰まっていているので残さず食べてみてください。

*******************************

 

 

  • facebook Share
  • Tweet
  • LINE

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新記事をお届けします

カテゴリ一覧