アンチエイジングニュース

ビタミンCと食物繊維で美味しく健康に!

栄養のポイント

紫外線が強くなる季節は、ビタミンCが豊富な柑橘系の果物が多く出回ります。紫外線に当たると、肌細胞(表皮・真皮)で活性酸素が増え、細胞が酸化して肌の老化が進むといわれています。この時活躍するのが、ビタミンCなどの抗酸化成分です。暑さや紫外線で体内の活性酸素が増えると、ビタミンCは大量に消費されますが、臓器など生命維持にかかわる部分に多く使われるので、肌に届くのは、補給したビタミンCのほんの一部です。水溶性のビタミンCは、毎日補う必要があります。特に陽ざしの強い時は、500mg~1000mgとっても問題ありません。紫外線対策としては、肌を支えるコラーゲンの元となる、良質のたんぱく質を多く含む食品を一緒に摂ることも大切です。ヨーグルトやチーズなどの乳製品は、たんぱく質カルシウムも多く含まれるので、肌のかゆみやむずむずの予防できて、おすすめです。

旬の甘夏で作ったジャムは、煮込む時間が短いので、さわやかな味わいです。甘夏の皮や白い部分も使った砂糖煮のようなジャムは、ダイエット効果が知られている苦み成分をおいしくいただけます。パンケーキの材料にナュラルクレンズパンケーキを使えば、食物繊維もたっぷりとれます。

材料

甘夏のジャム(作りやすい量)
 甘夏(1個(300g))
 水 (50ml)
 グラニュー糖(240g)
 ウイスキー(大さじ1)
      (1115kcal)

ふわふわパンケーキ(直径約8cmを4〜5枚分)
【パンケーキ】
★ナチュラルクレンズパンケーキ(100g)
 卵(1個)
 牛乳(50ml)

【盛りつけ】
 甘夏のジャム(30g)
 クリームチーズ(50g)
 甘夏の果肉(3切れ)
 レモンバーム(1枚)

★こちらの商品は、アンファー株式会社の商品です。
  ナチュラルクレンズパンケーキはこちら

作り方:甘夏のジャム

(1)甘夏は、皮と薄皮をむき、果肉を取り出しておく。果汁も一緒にボールに入れておく。

(2)鍋にたっぷりの水と①の皮を入れ、柔らかくなるまで煮る。ざるにあげ、水け切ったら皮の半量はせん切りにし、残りは細かいみじん切りにする。

(3)鍋に水と②の皮、➀の果肉と果汁を加え、強めの中火にしてかき混ぜながら煮る。アクが出たら取る。

 

(4)沸騰させた状態の火加減で、焦げ付かせないように底を混ぜながら5分くらい煮立てて、つやが出てきたら火を止める。水にスプーンでジャムを入れて、底にたまるくらいを目安にする。

(5)消毒したビンにウイスキーを回し入れ、ジャムをぎりぎりまで入れて蓋をして、逆さにして冷ます。

 

作り方:ふわふわパンケーキ

(1)卵をボールに入れ、湯せんにして泡だて器で角が出るまで、良く泡立てる。

(2)➀に牛乳、ナチュラルクレンズパンケーキを加えて軽く合わせる。

(3)ホットプレートなどで両面を焼き、竹串をさして生地がつかなければ焼き上がり。

(4)パンケーキと甘夏のマーマレード、クリームチーズ、甘夏の果肉を盛る。

(1人分 409kcal)

※料理製作時に材料を計算して算出した概算です。目安としてご利用ください

(コジータイムダイエットコンサルテーション代表・管理栄養士、石井多津子)

 

★今回使用した食材「ナチュラルクレンズパンケーキ」は、
 アンファー社が提供する食品ブランド「Dr.’s Natural recipe」の商品です。

 

ナチュラルクレンズパンケーキ
1,620円 (税込)
詳細はこちら

 

  • facebook Share
  • Tweet
  • LINE

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新記事をお届けします

カテゴリ一覧

  • アンチエイジングセミナー2017
  • アンチエイジング大賞
  • 管理栄養士監修 アンチエイジングレシピ集
  • アンチエイジングのヒント
  • アンチエイジング医療機関へ行こう!

よく読まれている記事

まだデータがありません。

医療機関のご紹介

テーマ別に対策を学ぶ