アンチエイジングニュース

あなたは納豆をよく食べますか?

もしそうだったら、“ラッキー”というお話です。

 

 
納豆をふだんよく食べる人はそうでない人に比べ、脳卒中で亡くなるリスクが約3割も低いそうです。

これは、岐阜大のチームが米国の臨床栄養学の雑誌に報告したものです。

今までも、納豆には血管が詰まるのを防ぐ作用がある事が報告されていました。

そこで研究チームは、岐阜県高山市に住む男女約2万9千人について、1992年に健康状態や食習慣などを尋ね、16年後の状況を調べ、また生死や死因等を調べました。

そして、納豆をふだん食べる量に応じて4つのグループに分け、死亡リスクとの関係を調べたそうです。

調査期間中に677人が脳卒中で亡くなっていたのですが、納豆を最も多く食べていたグループ(1日あたり7グラム程度)の脳卒中による死亡リスクは、納豆をほとんど食べないグループより32%も低いことが分かりました。また、心筋梗塞などで亡くなるリスクも下がる傾向がみられたそうです。

納豆は日本古来の発酵食物です。
皆様大いに納豆を食べ、健康にお過ごしください。

 

ハセ博士=薬学博士。国立大薬学部や米国の州立大医学部などで研究や教官歴がある。

  • facebook Share
  • Tweet
  • LINE

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新記事をお届けします

カテゴリ一覧

  • アンチエイジングセミナー2017
  • アンチエイジング大賞
  • 管理栄養士監修 アンチエイジングレシピ集
  • アンチエイジングのヒント
  • アンチエイジング医療機関へ行こう!

よく読まれている記事

まだデータがありません。

医療機関のご紹介

テーマ別に対策を学ぶ