アンチエイジングニュース

以前から、「日本人成人の20%が慢性的な不眠」とか、「日本人成人の15%が日中に過剰な眠気を感じている」などの統計結果が発表され、“日本は不眠大国”の汚名が着せられてきました。

今回寝具メーカーが調べた結果でも、日本人の約半数に不眠症の疑いがあり、7割の人が睡眠に不満を持っていることが分かりました。

サルも温泉に入るとストレスが緩和

これは、寝具メーカー東京西川(東京都中央区)が全国の男女を対象とした意識調査を行い、発表したものです。

同社は7月、全国の18~79歳の男女1万人を対象にインターネット調査を実施し、不眠症について、「寝付き」「睡眠の質」「日中の眠気」といった国際的な基準に照らし合わせて、分析を行いました。

その結果、「不眠の疑いあり」が49.3%、「不眠の疑いが少しある」は18.2%、「心配なし」が32.5%だったそうです。

「不眠の疑いあり」は20代が最多の61.1%で、30代(58.5%)がそれに続いていました。  また、睡眠の質では、「満足」が31.8%にとどまり、「少し」や「非常に」などを合わせた「不満」が7割近くに上っていることが分かりました。

逆に、「満足」は40代が最低の23.6%で、30代が次に少ない25.2%でした。

この結果から、同社は「働き盛りや子育て世代で満足な睡眠が得られない実態が明らかになった」としています。  睡眠時間が足りているかとの問いでも、「十分」と答えた割合は40代が最低の26.1%で、30代の28.1%が続いていたそうです。

いけませんね!

まずは生活習慣の見直し、そしてお医者さんと相談することが大切です。

 

ハセ博士=薬学博士。国立大薬学部や米国の州立大医学部などで研究や教官歴がある。

  • facebook Share
  • Tweet
  • LINE

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新記事をお届けします

カテゴリ一覧