アンチエイジングニュース

アンチエイジング 美食スタイル

 

この数年で食のあり方に変化が表れてきました。病気やアレルギーといったことだけでなく、自分の考え方や環境など、人それぞれが自分に似合った食への考えを持ち、食べることの選択が増えています。

 

 

今回、取り上げるヴィーガンについても、どこか特別なことととらえていた人も多いかと思います。しかし、今は菜食主義者の総称であるベジタリアンといっても、より細分化の認識がされるようになりました。動物性の食品を口にせず、植物性食品のみを食べるヴィーガンや食だけでなく、身の回りのものに動物由来のものを避けるシニカル・ヴィーガンなど、細かく分かれていて、それらの特集を組むメディアも少なくありません。

また、ヴィーガンの食事を健康維持や体質改善、ダイエットなどを目的に活用したり、週の何日かを動物性のものを避ける日を設定したりして、フレキシブルにプチヴィーガンする人もいます。また、ヴィーガン用に考案した食事やプランを提供する店が増え、加工食品も気軽に購入することができるようになりました。

ということで、今回はヴィーガン初心者やヴィーガンではない人にもおすすめのヴィーガン情報をお伝えします。

 

 

食べる選択の進化系!サブスクヴィーガン「パープルキャロット」

アメリカ生まれのヴィーガンミールキットブランド。「忙しいけれど、健康な生活を送りたいという現代人にとって、よきパートナーになりたい」との考えから、提供しているのは、食材と調味料をセットにした作る系のセットメニューです。

実は、この「パープルキャロット」の親会社は、野菜や果物、料理キットの宅配サービスを行う「オイシックス」なのです。実際に宅配サービスを利用している人も多いのではないでしょうか。なんだか野菜に親近感がわきますね。

 

パープルキャロット

 

メニューは、アメリカンテイストな感じでおしゃれな料理ばかり。主食と副菜がセットになった「味噌ジンジャーバーグ」は、近年話題にもなっている大豆ミートを使ったハンバーグ。2人分の野菜も入っているので、さっと調理ができます。副菜の「キャベツのメープルマスタードマリネ」も最近、いろどり野菜として人気の赤キャベツを使用しています。

 

他にも、「ケール入りのベジチヂミ」やミシュランらーめん店として人気の「ソラノイロ」監修の「ソラノイロ担々麺」など、様々なジャンルが揃っているのも嬉しい限り。週に1種類、2種類、それぞれコースがあります。

 

このサイトの利用者の80%以上は本格的なヴィーガンではなく、「週末だけ、夜だけ」というように、ライフスタイルに合わせて、適度にヴィーガンフードを取り入れる「時々ヴィーガン」の人たちなのだとか。ヴィーガン初心者にもおすすめです。

 

「パープルキャロット」

https://purplecarrot.jp/

 

 

精進料理でカレー!ミシュラン2つ星店のレトルトカレー

鎌倉時代に中国から伝わった精進料理。動物性食品やニンニクなどの強い匂いのある食材を口にしない禅の料理が精進料理です。僧侶の方々が食べる食事として日本人に馴染みのあるものなので、古来よりヴィーガンを意識した食事といえるかもしれません。

 

レトルトカレー

 

 

ミシュラン2つ星取得の老舗店「精進料理 醍醐」監修したのが、ヴィーガンのレトルトカレーです。「果実とスパイス香る ヴィーガンカレー」は、玉ねぎやりんごから甘味やうま味を引き出し、シナモン、カルダモンなどのスパイスで香り豊かに仕上げたもの。素材本来の甘みや旨味を活かしたヴィーガンカレーならではの繊細なおいしさを追求されています。

 

精進料理店が作るカレーなので、ニンニクも入っておらず、その代わりに生姜がたっぷりと入っています。暑くなるこれからの季節は、冷房の寒さで夏の冷え性になりやすい人もいるので、体を温めたい時や体調を崩しがちの時にも役立ってくれそうです。

レトルト食品なので常備して、気軽にヴィーガンフードとして活用できますね。

 

販売サイト:TOYOKE Official Store

https://store.toyoke.jp/

 

 

日本初のヴィーガンレシピ投稿サイト「ブイクック」

ネットでレシピ検索が気軽にできるようになった今、日常の調理にヴィーガンを取り入れたい人に便利なサイトが、日本初となるヴィーガンレシピ投稿サイト「ブイクック」です。実は、このサイトを立ち上げたのは、まだ20代の若者。環境問題や動物倫理から高校3年生の時にヴィーガンを始め、「誰もがヴィーガンを選択できる社会」を目指して運営されています。

 

ブイクック

*HPより

 

レシピは4000品以上も掲載されていて、レシピを検索できるだけでなく、自分で作ったヴィーガンレシピを載せることもできます。検索は、ハッシュタグ別や料理ジャンル、調理時間からも検索できるので、その時々に合った検索の仕方が可能です。大豆ミートのレシピをはじめ、卵を使わないマヨネーズのレシピなんかもあるので、普通に肉料理の時にも「マヨネーズソースだけはヴィーガンにしよう!」なんてことも簡単にできるのです。もちろん、野菜のおかずのように日常でも使えるレシピもたくさんあります。

 

このようなレシピサイトがあると老若男女問わず活用できるので便利ですね。

 

べジクック
https://vcook.jp/

 

いかがでしたか?ヴィーガンはやることの意味や意識も大切ですが、自身の健康や食の幅を広げていくツール的な存在として取り入れてみるのも良いかもしれませんね。

 

 

伊能 すみ子

伊能 すみ子
INOU SUMIKO

食の専門家であるフードアナリスト1級。
気象番組ディレクターを経て、日本をはじめ世界各国の料理や食文化を学ぶ。
エスニック、スイーツを中心に、様々な食の情報をテレビ、雑誌、ウェブなどのメディアにて提案、執筆。
自らのアンチエイジングフードのポイントは「スパイス」。
古代エジプトより薬として活用されたスパイスをこよなく愛する。
●ブログ『恋しいアジア』~アジアンフードディレクター伊能 すみ子~更新中

●著書『マカオ行ったらこれ食べよう!: 地元っ子、旅のリピーターに聞きました。』

 

  • facebook Share
  • Tweet
  • LINE

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新記事をお届けします

カテゴリ一覧