アンチエイジングニュース

》01. CASE 症状
更年期症状は人それぞれ。私には何か起こるの!?

これから更年期を迎える女性は、自分にはどんな症状が出るのかと、不安に思う人がほとんどでしょう。更年期を過ぎた方に聞いてみると「居心地のいい家の中から、突然、嵐の中に放り出されたようにつらかった!」という人と、「更年期症状って、ほとんど感じなかったのよね」という人もいます。
人によって、こんなにも感じ方が違うのか!? と驚くと同時に、この差はいったい何なのだろう? という疑問も湧いてきます。

》02. CAUSE 原因
ホルモンバランスの乱れより、元来の性格で差が出るかも

更年期とは、卵巣の機能が低下する、生殖期から老年期の間の移行期をいいます。日本女性の平均的な閉経年齢は、51歳より少し前。閉経を挟んだ前後10年間の、45歳~55歳くらいが更年期といえるでしょう。

更年期になり、卵巣の働きが衰えると、女性ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)の産生が低下しますい。これを今までのように維持しようと、卵巣をコントロールしている脳の下垂体から、性腺刺激ホルモンが大量分泌。しかし、下垂体がどんなに指令を出しても 卵巣は反応せず……。それでも下垂体は指令を出し続けます。下垂体は、自律神経や免疫系にも関わっているので、このようにバランスの悪い状態が続くと、様々な症状を引き起こしてしまうのです。それが更年期症状。

では、なぜ更年期症状が重い人と軽い人がいるのでしょう? 婦人科医の見立てでは、ホルモンバランスよりも、本人の性格、さらに夫婦仲や職場の環境など、外的要因のほうが強いのではないかと。性格的には、元来ネガティブな人のほうが、更年期症状は重くなりやすい傾向に。また、パートナーと理解し合えないとか、職場の人間関係がうまくいっていないときほど、症状が出やすくなるようです。

【更年期症状の特徴】

□ 生理の出血量が減ってきた

□ 生理周期が長くなる(40日~70日など)

□ 生理周期が短くなる(月に2回生理になるなど)

□ 顔がほてる

□ 首から上に汗をかきやすい

□腰や手足が冷えやすい

□ 息切れ、動悸がする

□ 寝つきが悪い、眠りが浅い

□ 怒りやすく、イライラする

□ クヨクヨしたり、憂うつになる

□ 疲れやすい

□ 頭痛、めまい、吐き気がある

□ 性欲が減退する

□ 膣が乾燥し、性交で痛みを感じる

》03. CAUTION 放っておくと?
寝込むほど、症状が重くなる場合も

更年期症状は、うつ病に似た症状が多いのです。症状が重くなると、寝込んで日常生活に支障をきたすほど。さらに、病院を受診するにも、家族に抱きかかえられ、やっと来院する人もいます。

》04. SOLUTION 対策
HRT(ホルモン補充慮法)で、症状が劇的に改善

更年期症状の特徴を読むと、自分が更年期を迎えたら、どうなるの!? と怖くなった方がいるかもしれません。でも、重かろうと軽かろうと、そんなに心配しないで! HRT(ホルモン補充療法)を受けると、1~2週間ほどで体がラクになり、気分も晴れてきますから。また、HRTを受けた人の多くが、1年もしないうちに、薬に頼らずとも調子が良くなっていくそうです。更年期症状は、そんなに長く続くものではありませんから。

HRTとは『hormone replacement therapy』の略。特に、女性ホルモン(エストロゲン)を補充する療法を指しています。HRTは、飲み薬(内服薬)、貼り薬(パッチ剤)、塗り薬(ジェル剤)の3タイプあり。保険適応ですが、治療の前には、子宮体がんと乳がんの検査が必要です。

HRTは、乳がんのリスクを高めるのか!?
巷では、ホルモン補充療法は乳がんリスクが高まるのでは? と懸念されています。しかし、現在の調査では、貼り薬や塗り薬は、乳がんリスクが低いと報告されています。また、飲み薬は肝臓を通るため、中性脂肪が上がる可能性も。皮膚からホルモンを補充する貼り薬や塗り薬は、肝臓を通らないので、そのような副作用が少ないといわれています。その他の副作用として、血栓症や心筋梗塞、脳卒中などがありますが、服薬量や投与経路によってリスクを減らせます。

HRTでも症状が改善しないなら、他の要因あり
症状が重い人は、HRTを3~4年続けることで、徐々に改善していくようです。ただし、中にはまったく効果が出ない人も。その場合は、他の要因が考えられます。更年期と同時期に、うつが発症している可能性もあるのです。更年期症状とうつ症状は、よく似ているので、見極めが難しい。更年期世代なら、まずHRT治療を受けてみましょう。それで改善しないようなら、心療内科に診てもらうべきです。

パートナーとの愛情を確かめることも、心身にいい影響が
更年期になると、パートナーのことを嫌いではないのに、性交が苦痛になる女性は多数。それは、『委縮性膣炎』(老人性膣炎とも呼ばれる)になっている可能性があります。卵巣から産生されるエストロゲンの低下により、膣壁が委縮して膣炎になりやすく膣内の自浄作用も低下して細菌が繁殖することも。うるおいがなくなるので性交痛があり、出血しがち。エストロゲン配合の小さな膣錠を、膣に直に入れるという治療があります。うるおいと柔軟性を取り戻せるので、お試しを。

基礎体温を測ると、ホルモンバランスの乱れが一目瞭然
40代前半で閉経する人もいれば、50代半ばで生理がある人もいます。個人差が大きいので、更年期症状がいつ出るかは人それぞれ。だからこそ、基礎体温測定をオススメします。40代に入ると基礎体温に下図のような変化が表れてくることがあり、さらに更年期に近いと排卵が起こっていないので、基礎体温は高温相がなく一相性に。それで、そろそろ更年期かな? と、把握することが可能。だからこそ「これからは無理をしないようにしなくちゃ!」と、自分を労わってあげることができます。基礎体温測定は、避妊や妊娠のためだけにあるのではありません。女性の体の機能を診るための、最も簡単で痛みのない検査法なのです。

朝陽を浴びながらウォーキングして、心身を健やかに
定期的に運動している人は、更年期症状が軽いという報告もあります。調子のいいときは、軽く汗ばむくらいの運動をするといいでしょう。また、朝の光はうつ症状にいい作用をもたらします。日照時間の少ない北欧では、うつ病の発症が多いというエビデンスもあるほどですから。更年期症状とうつ症状はよく似ているので、朝日を浴びながらウォーキングすると、心身を健やかに保てるかもしれません。

》アンファー からだエイジング

◎関連記事


  • facebook Share
  • Tweet
  • LINE

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新記事をお届けします

カテゴリ一覧