アンチエイジングニュース

夏野菜とうなぎのちらし寿司
――アンチエイジング料理レシピ(229)

夏になると、お寿司が食べたくなるのは、体が自然に要求しているから、昔からの食習慣は、あなどれません。たくさんの汗と一緒にビタミンミネラルが失われ、体力を消耗する季節にお酢は、ミネラルやエネルギー源の補給を助け、疲労物質の蓄積を抑えてくれるヘルシーな調味料です。また、最近では、食後の急激な血糖値の上昇を抑えることが、アンチエイジングに効果的なことも知られるようになりましたが、お酢の独特のツンとする匂いの素の酢酸は、血糖値の急激な上昇を抑える働きがあります。
夏野菜とうなぎのちらし寿司は、お寿司で不足しがちな野菜をたっぷり使い、サラダのように楽しんでください。夏野菜のきゅうりは、カリウムが豊富です。うなぎの蒲焼は、ビタミンA・B1・B2だけでなくビタミンEも豊富な優秀な食材ですから、1人前で半串くらいを、さっぱりといただけるお寿司に加えて召し上がるのもいいですね。

アンチエイジング料理

<材料>2人分

 ・米     1カップ
 ・水     1カップ
 ・酒     大さじ1/2
 ・合わせ酢     
  酢     大さじ1・1/2
  砂糖     小さじ1
  塩     小さじ1/2
 ・うなぎの蒲焼     1串
 ・きゅうり     1/2本
 ・みょうが     3本
 ・しそ     4枚
 ・甘酢しょうが     5g

<作り方>

(1)米は水、酒を加えて炊飯器で炊いておく。合わせ酢の材料を合わせ、電子レンジで20秒くらい加熱する。炊き立てのご飯に合わせ酢を加え、切るように混ぜて酢飯を作っておく。

(2)きゅうりは薄い輪切りにして塩少々で軽くもんでおく。みょうが、甘酢しょうが、しそは千切りにする。うなぎの蒲焼は1cm幅に切る。

(3) (1)の酢飯に(2)を合わせ、ふんわりと混ぜて、皿に盛る。

(1人分 205kcal)

※料理製作時に材料を計算して算出した概算です。目安としてご利用ください。

(コジータイムダイエットコンサルテーション代表・管理栄養士、石井多津子)

  • facebook Share
  • Tweet
  • LINE

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新記事をお届けします

カテゴリ一覧

  • アンチエイジングセミナー2017
  • アンチエイジング大賞
  • 管理栄養士監修 アンチエイジングレシピ集
  • アンチエイジングのヒント
  • アンチエイジング医療機関へ行こう!

よく読まれている記事

まだデータがありません。

医療機関のご紹介

テーマ別に対策を学ぶ