アンチエイジングニュース

「洋梨のサバイヨン・ソース」――アンチエイジング料理レシピ(125)

果物を毎日たくさん食べている人は、食べない人と比べて、脳卒中や心筋梗塞にかかりにくいということが、厚生労働省の調査で分かりました。果物に含まれる食物繊維やビタミンなどに、予防効果が期待できるようです。アンチエイジングのためにも、果物の接取基準の200gほどは、毎日食べたいものです。

最近よく見かけるようになった洋梨ですが、日本梨に比べて食物繊維や、甘み成分のソルビトールが多く、しっりとした食感が魅力です。ソルビトールは糖質の一種で、整腸作用があり便秘の改善にも効果があります。独特の香りには、がん予防に効果が期待されているテルペノイドが含まれますが、西洋では、洋梨をいくつも室内に飾って香りを楽しみながら、毎日ちょうどよく熟したものをいただくそうです。

サバヨンソースにたっぷりの白ワインを使うので、以外にさっぱりとした味わいです。白ワインや、巨峰に含まれるカテキンやポリフェノールが、洋梨に含まれる抗酸化力をさらに高めてくれるデザートです。

洋梨のサバイヨン・ソース

<材料>2人前
 洋梨                1個
 巨峰                4粒
 フランボワーズ           8粒
 サバイヨン・ソース               
  白ワイン             80ml
  グラニュー糖           15g
  卵黄               1個分
  ラム酒              大さじ1
  レモン汁             少々

<作り方>
(1)洋梨は皮と芯をとって薄切りにする。巨峰は半分にして種をとる。皿に、洋梨、巨峰、フランボワーズを並べる。
(2)サバヨン・ソースを作る。鍋に、卵黄とグラニュー糖を入れよく混ぜ合わせる。よくなじんだら、ワイン、ラム酒を加え、よくかき混ぜる。レモン汁も加える。弱火で加熱しながらあわ立て、ワーと持ち上がってきたら、火を止め生クリームを加える。
(3)(1)の皿に、(2)のサバヨン・ソースを流しかけ、240℃に熱したオーブンの上段で、表面にきれいな焼き色が付くまで焼く。 

(コジータイムダイエットコンサルテーション代表・管理栄養士、石井多津子)

※カロリー 1人分:147kcal
(料理製作時に材料を計量して算出した概算です。目安としてご利用ください)

  • facebook Share
  • Tweet
  • LINE

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新記事をお届けします

カテゴリ一覧

  • アンチエイジングセミナー2017
  • アンチエイジング大賞
  • 管理栄養士監修 アンチエイジングレシピ集
  • アンチエイジングのヒント
  • アンチエイジング医療機関へ行こう!

よく読まれている記事

まだデータがありません。

医療機関のご紹介

テーマ別に対策を学ぶ