アンチエイジングニュース

「働き盛りのサラリーマンの男性ホルモン量は、60歳代よりも低い!」――ハセ博士のヘルシー情報最前線(139)

 サラリーマン社会の崩壊といわれて久しいこの頃ですが、このパンチが徐々に効いてきたのか、ついに社会の中軸である40~50歳代の中年層サラリーマンの男性ホルモン分泌量が、60歳代の、リタイア年齢の人よりも低くなっていることがわかりました。

 生物学的には、年齢が上がるにつれて男性ホルモン量が下がっていくのが当たり前ですが、今回得られた事実は、中年サラリーマンのストレスが極限にまで悪化していることを示しているのかもしれません。
 そこで今回はその話題を取り上げてみました。

 これは、帝京大病院泌尿器科の安田弥子講師らが、国際メンズヘルス学会誌に報告したものです。

 研究では、健康な男性81人を、20~30歳代、40~50歳代、60歳代以上の3世代に分け、唾液中のテストステロンの量を測定しました
 このテストステロンの数値は、男性ホルモン分泌の程度の指標になるものです。

 その結果、働き盛りのサラリーマンの男性ホルモン量は、60歳代よりも低いことが明らかになったそうです。

 男性ホルモンは健康な男子の場合、1日におよそ7mg程度の分泌があるということですが、この分泌量が低下すると、当然ながらさまざまな影響が出てきます。

 もちろん、それ自体ですぐに仕事の能力が低下したり、男性としての機能低下が起こるわけではありませんが、やはり全体としての能力低下は避けられません。

 仕事での過剰なストレスが男性としての活力を失わせているのではないか、と考えられるそうですが、私もその年代ですので大変気になります。

 中高年の男性の皆様、過剰なストレスを排除し、いつまでも元気な”男性”を目指しましょう!

ハセ博士=薬学博士。国立大薬学部や米国の州立大医学部などで研究や教官歴がある。現在は製薬企業で研究に従事している

  • facebook Share
  • Tweet
  • LINE

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新記事をお届けします

カテゴリ一覧