アンチエイジングニュース

 いわしをビールの衣で揚げたフリットはビールの苦みと香りがいわしの風味にぴったりの、簡単な一品です。

 夏場は、発汗などで体の水分が失われやすく、血液が濃くなってドロドロになりやすい季節です。高血圧や動脈硬化が進んでいる人は特に注意が必要です。血液をサラサラにし、血管をしなやかにする働きのあるEPAを多く含む青魚を積極的に取りましょう。

 フリットにするとEPAやDHAが失われる率は多少高くなりますが、調理方法に変化をつけて食卓に登場させる回数を増やすことが大切です。交感神経を刺激して新陳代謝をよくするスパイスであるカレー粉は食欲を増進させ、夏バテを撃退する効果があります。(コジータイムダイエットコンサルテーション代表・管理栄養士、石井多津子)

いわしのビールフリット

材料(2人分)
いわし         2尾
ビール         80ミリリットル
小麦粉         50グラム
夏野菜         適宜
 かぼちゃ
 なす
 いんげん
カレー粉        小さじ1
塩            小さじ1
オリーブオイル     適宜

作り方

(1)いわしは頭を取り、中骨を取って開いておく。かぼちゃとなすは薄切りにする

(2)ボールに小麦粉とビールを溶いて衣を作る

(3)開いたいわし、夏野菜に衣をつけ、180度程度に熱したオリーブオイルで揚げる

(4)油をよく切り、皿に盛って、カレー粉と塩を合わせたものを振る

  • facebook Share
  • Tweet
  • LINE

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新記事をお届けします

カテゴリ一覧

  • アンチエイジングセミナー2017
  • アンチエイジング大賞
  • 管理栄養士監修 アンチエイジングレシピ集
  • アンチエイジングのヒント
  • アンチエイジング医療機関へ行こう!

よく読まれている記事

まだデータがありません。

医療機関のご紹介

テーマ別に対策を学ぶ