アンチエイジングニュース

こんにちは。ドクター皆川です。

 今回のテーマは、最近の体重計です。

 毎日体重を量る。できれば1日に何回も体重を量る。これ、ダイエットの基本です。
 
 でも、私にも経験がありますが、あまりにどんどん体重が増えてくると、もうどうでもよくなり、体重計に乗りたくないと思うことがあります。

 「きのうは結構運動したのに、今日体重が増えてるのはなぜだろう」とか「きのうは割といろいろ食べたのに、どうして今日は体重が減っているのだろう」などと思うことないでしょうか。

 体重だけ見ていると、理由のわからないことがけっこうあります。

 体脂肪率を一緒に見ても、体重の増減の理由がよく分からないこともあります。

 ところが、最近の体重計は体重や体脂肪率だけでなく、筋肉量や骨量、基礎代謝などのいろいろなデータが表示される機種が多数出回っています。

 こうしたデータを見てみると、かなりいろいろなことが分かり、その時々の体重の増減について納得できることが多くなりました。

 例えば、運動した翌日、体重がかえって増えていることがあります。

 体重計を見て、筋肉量が前日より増えていれば、筋肉が付いたせいで体重が増えたのだと納得できます。

 逆に、一日中食べずに我慢したのに体脂肪率が増えていることがあります。でも、体重計に表示された筋肉量が減っていれば、相対的に脂肪の割合が増えたのだと納得できます。

 価格は1万円前後しますが、ダイエットの効果を見る上で必要な一品ではないでしょうか。


皆川俊一=東京の西の方にある診療所の院長。日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会認定スポーツ医、日本整形外科学会認定リウマチ医


現在のドクター皆川(写真上)
ダイエット前のドクター皆川(写真下)

  • facebook Share
  • Tweet
  • LINE

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新記事をお届けします

カテゴリ一覧

  • アンチエイジングセミナー2017
  • アンチエイジング大賞
  • 管理栄養士監修 アンチエイジングレシピ集
  • アンチエイジングのヒント
  • アンチエイジング医療機関へ行こう!

よく読まれている記事

まだデータがありません。

医療機関のご紹介

テーマ別に対策を学ぶ