アンチエイジングニュース

 ビタミンCといえば、美容効果を一番に思い浮かべる栄養成分ですが、体内で活性酸素を抑える強力な抗酸化作用が免疫細胞を守る頼もしい働きもあります。

 ところが、体内では合成できないので、必ず食事から取らなくてはなりません。調理中の損失の少ない果物から100ミリグラム取ることが推奨されていますが、中でも最近よく見かけるようになったベリー類は、きれいな色に含まれる新しい栄養成分ファイトケミカルの働きも期待出来るので、上手に取り入れたいものです。

 ベリー類とヨーグルトの爽やかな酸味を生かしたこのムースは、思いのほか簡単です。組み合わせることで、フレッシュチーズとヨーグルトに含まれるカルシウムの吸収も高めるので、リラックスとパワーアップにも効果があります。(管理栄養士・石井多津子)

材料
フォレストベリームース
冷凍ラズベリー          150~200グラム
グラニュー糖           40グラム
クワルク*(フレッシュチーズ)100グラム
プレーンヨーグルト        50グラム
ゼラチン(水でふやかしておく) 3グラム
ブルーベリー           30グラム
クロゼイユ(赤スグリ)      適宜  
クレーム・ド・カシス        大さじ1

*クワルクがなければ、プレーンヨーグルトを100グラムでもよい

作り方

(1)ゼラチンは、大さじ2の水でふやかしておく

(2)半解凍したラズベリーをミキサーにかけ、なめらかなペースト状にする。4分の1の4量くらいを飾り用に取り分けておく

(3)ボールに(2)を入れ、グラニュー糖とクワルク、プレーンヨーグルトを加えてなめらかに混ぜ合わせる。(1)のゼラチンを湯煎で溶かし、丁寧に加え、混ぜる。クレームド・カシスを加える

(4)ボールの底を氷水に当てながら、へらで混ぜ、少しとろみがつくまで冷やす。ガラスのグラスなどに流し入れ、冷蔵庫で十分に冷やし固める

(5)グラスにラズベリーペーストとブルーベリー、クロゼイユを飾る

  • facebook Share
  • Tweet
  • LINE

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新記事をお届けします

カテゴリ一覧

  • アンチエイジングセミナー2017
  • アンチエイジング大賞
  • 管理栄養士監修 アンチエイジングレシピ集
  • アンチエイジングのヒント
  • アンチエイジング医療機関へ行こう!

よく読まれている記事

まだデータがありません。

医療機関のご紹介

テーマ別に対策を学ぶ