アンチエイジングニュース

 夏到来のこれから、暑さで食欲がないからと、あっさりしたものや簡単なものばかり食べている人は注意が必要です。

 「疲れやすい」「根気がない」「疲れが抜けない」などの症状があれば、貧血が疑われます。貧血の予防は鉄分をしっかり摂るだけではなく、たんぱく質も必要です。

 たんぱく質と結びついたヘム鉄は、植物性食品に含まれる非ヘム鉄に比べて5~10倍も吸収されやすい特徴があるからです。しかし、植物性食品には、鉄の吸収を助けるビタミンCが豊富で、カロリーは少ないので、たんぱく質と野菜を組み合わせて主菜にすると、足し算効果があります。

 また、赤身の肉は必須アミノ酸をバランスよく含んでいて、免疫力を強化し、老化防止の決め手となる食材です。毎日、魚以外に肉を60グラムほどは食べるようにしたいものです。(管理栄養士・石井多津子)
豚もも肉の甘辛じょうゆいため
材料(2人分)

豚もも肉         120グラム
片栗粉          大さじ2分の1
赤ピーマン        2分の1個
黄ピーマン        2分の1個
甘辛じょうゆ
 おろしにんにく    1片分
 おろししょうが     1片分
 みりん           50ミリリットル
 しょうゆ        40ミリリットル
 砂糖          小さじ1
 サラダ油       適宜

作り方

(1)豚もも肉は1センチくらいの幅に切っておく。焼く直前に軽く片栗粉をまぶす

(2)赤ピーマンと黄ピーマンは網焼きにして、1センチ幅に切る

(3)テフロン加工のフライパンにサラダ油を熱し、(1)の肉を入れ、こんがりと両面を焼く。肉を取り出し、フライパンの焼き油をふき取り、甘辛じょうゆの材料を入れて煮立てる。たれに少しとろみがついたら、肉を戻し、からめる

(4)器に盛り、(2)のピーマンを添える

  • facebook Share
  • Tweet
  • LINE

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新記事をお届けします

カテゴリ一覧

  • アンチエイジングセミナー2017
  • アンチエイジング大賞
  • 管理栄養士監修 アンチエイジングレシピ集
  • アンチエイジングのヒント
  • アンチエイジング医療機関へ行こう!

よく読まれている記事

まだデータがありません。

医療機関のご紹介

テーマ別に対策を学ぶ