アンチエイジングニュース

 

生物として本来持つ感覚“五感”も、年齢と共に衰えていきます。老化予防の方法として、見た目のケアやインナーケアなど様々な方法がありますが、本企画では “五感”に焦点を当てたアンチエイジングを実践するコツをお教えします!

ガイドしてくれるのは、アンチエイジングや美について議論を深めながら追求していく双方向型セミナー「塩谷塾」の卒業生たち。それぞれの専門分野における、“五感”に特化したアンチエイジングの秘訣とは?

 

明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。

皆さまは今年2018年の目標は立てましたか?

昨年末に「色とアンチエイジング」の関係をお伝えさせて頂きました。2011年に罹った大腸がんの経験から、色が心や体に及ぼす影響は計り知れないという内容を書かせて頂きました。

 私は闘病生活をしてきた中で毎年、1年のテーマとそのイメージカラーを新年に誓って参りました。

「躍進」の動のイメージの赤、「邁進」のチャレンジのイメージのレッドオレンジ、「歩む」の一歩一歩着実に積み上げるイメージのブルーグリーン…など。

 そして今年のテーマカラーは爽やかな青空、ブルースカイのイメージの「」です。

テーマは「調和」です。空の青は都会のビルの街並みにも馴染み、また自然の中でも馴染む調和の力があります。男性女性問わず国民が大好きな色でもあります。青空はみんなが大好きで見たいですし、綺麗な海の色でもあります。自然にとても関わっている色ですから、本能的に求めている色なのです。

病後、ずっとエネルギッシュに仕事にチカラを注いで参りましたが、ここら辺で少し「ガツガツ頑張る!」と言うよりは清々しい気持ちで静かな調和を大切にしていきたいと思うようになりました。青は副交感神経に関与する色ですから気持ちを沈めて、冷静さを保ってくれます。

闘病中、カラーセラピーで色並べをすると、イエローや黄緑など前向きで軽やかな色がいつも前に来ていました。その意味は後で知りました。

セラピーの先生から

「多佳子さんは軽やかに前進したいのですね。新緑の木々と同じようにゆっくりと徐々に芽吹いていきます。」

と言われ、当時は占いのような気持ちで聞いておりましたが、占いとカラーセラピーと違うのは自分自身が並べた色並べによって自分の深層心理が分かるという点です。

そのときに綺麗に見える順番で、自分が向かいたい先の心理が分かるのです。

 

好きな色は誰にでもありますが、綺麗に見える色はそのときの心模様によって変わってきます。それは私たちの心は絶えず変化しているからです。いつもは大好きな色なのに、その日だけその大好きな色の洋服が着たくない、と言う時がありますよね。それはその時に自分の心がその色のエネルギーを要求していないからなのです。逆に普段は嫌いな色なのに、気になる色がありますよね。それはその時に、その気になる色のエネルギーが必要だという深層心理を表しているのです。あなたの本能の声が色を選んでいるのです。

これらのことを知っているだけでも、自分が今どんな心模様かが分かりますから、進みたい方向にさらに向かいやすくなります。

 

ここで皆さまに、色とその意味やメッセージについて簡単にお教え致しますね。

 

…身体を使って動くエネルギー、生きる活力、頑張るチカラ

レッドオレンジ…改革するエネルギー、挑戦するチカラ、人を巻き込むチカラ

オレンジ…表現するエネルギー、楽しむチカラ、変化するチカラ

イエロー…前に進むエネルギー、子どものような無邪気さを持つチカラ、明るいチカラ

イエローグリーン…芽吹くエネルギー、自己成長するチカラ、ほっとするチカラ

グリーン…調和を保つエネルギー、安定するチカラ、安心するチカラ

ブルーグリーン…バランスを保つエネルギー、一歩一歩足元を固めるチカラ

ターコイズブルー…自立するエネルギー、自分らしさを大切にするチカラ

ブルー…自分と誠実に向き合うエネルギー、言葉にするチカラ、知性的なチカラ

インディゴブルー…真髄を見極めるエネルギー、頭を整理するチカラ、分析のチカラ

パープル…直感を活かすエネルギー、感覚を大切にするチカラ、殻を破るチカラ

マゼンタピンク…包容力で他人を受け入れるエネルギー、自分の役割を果たすチカラ

 

これらのことを踏まえてあなたも今年のテーマカラーを決めませんか?

あなたが今気になっている色は何色ですか?

 

前に進む力を必要としている方は是非「イエロー」を今年のカラーに、頑張って動くことを目標としている方は「赤」を、動くと言うよりも自分と向き合うことを大切にする年にしたい方は「インディゴブルー」を…といった感じで言葉だけでなく色をテーマにするのです。

そしてその色の物を身に付けたり、ストラップなどでも良いので小物で取り入れてみてください。ここでせっかく立てた目標も月日が経つと忘れてしまう方がほとんどですから、是非、高価でなくて構いませんので自分の今年のカラーを身近に置いてみてくださいね。

 

カラーセラピーはまだ身近な物ではありませんから難しいのでは?敷居が高い?…などと思っているあなた。

違うのです。

カラーセラピーはただ「カウンセリングに行く」だけではありません。

 

実は私たちは知らず知らずのうちに自らが欲しいエネルギーを、着る洋服の色、食べる物の色、玄関に飾る花の色などから得ているのです。既に自身でカラーセラピーをしているのです。カラーセラピーとは、今、自分が必要なエネルギーを、色を通して自分の身体に取り入れて満たしていくことなのです。

 

前に進みたい方は黄色い洋服を身に付けて、黄色い食べ物であるパプリカやバナナ、レモンを食べたり、黄色いパンジーを庭先に植えて見たり、明るい曲を聴いたりするだけでも良いのです。

視覚や嗅覚、味覚、嗅覚、聴覚、衣類着用やアロマオイル塗布などから触覚の『五感』全てを通して必要な色エネルギーをなるべく同時に入れてあげると、より有効です。

 

このメッセージを読んで下さったあなたはこれを機会に色の持つエネルギーにもっと敏感になって、色からパワーを頂いてしまいましょう!

 

色を見方にして、さあ、今年もあなたらしさを再発見してアンチエイジングな1年を過ごして行きましょう。

 

敬愛するアンチエイジングネットワーク理事長の塩谷信幸先生の今年の目標の一つは「今を生きること」だそうです。解釈は人によって違うかと思いますが、「今を生きること」は「自分らしくこの一瞬一瞬を大切に美しく生きること」だと私は思っています。

 

あなたの心も彩りを添えた一年でありますように…

 

》アンチエイジング五感道場

 

Dr.SHIOYA2

菊池 多佳子(KIKUCHI TAKAKO)
・パーソナルカラーアドバイザー
・カラーセラピスト、イメージコンサルタント

 

【経歴】

・複数のスクール講師を務める。
カラーセラピー講座では600名以上、パーソナルカラー診断でも700名以上の診断、カウンセリングを行っている。現在は自分と同じ志の方を中心に養成講座開講中。
・東京MXテレビ「おしえて美vien!!!」にパーソナルカラーアナリストとして出演
・ブランドCOACHの顧客向け診断を全国10か所(京都大丸、名古屋高島屋など)で担当
・岐阜県統合医療クリニックにてがん患者様向けに講演
・京都医師会でカラー講演
・東京大学医学部で看護学を学ぶ学生にセミナー実施
・ミスユニバース日本代表阿部桃子さんのカラー診断実施
・日本女子大学桜楓会館、アンダーズ東京、アマン東京などでカラーセミナー実施。
元アナウンサーと「第一印象アップセミナー」実施。

》イメージコンサルティングサロン LUCE~ルーチェ~

 

  • facebook Share
  • Tweet
  • LINE

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新記事をお届けします

カテゴリ一覧