アンチエイジング医療機関

脇坂クリニック大阪

頭髪医療は、これまで特定の皮膚科や形成外科でのみ扱われてきましたが、プロペシア錠(成分名フィナステリド)の発売を期に多くの医療機関で治療されるようになりました。 脇坂クリニック大阪(旧 脇坂ナカツクリニック)は、1999年の開院以来、発毛医療から予防的育毛まで、髪の悩みを抱える方々に対し最新の頭髪治療を提供し、日本の発毛治療を牽引してきました。 また同医院では、男性ホルモン受容体遺伝子の研究にも積極的取り組み、遺伝子検査により患者様一人ひとりにあった治療方針をたてています。フィナステリドなど男性ホルモンに関与する薬剤の有効性を推定するなど、さまざまな方面での応用が期待されています。脇坂クリニック大阪は、1ヵ月に約3,100名(2011年9月実績)の方々に総合的な頭髪治療を行なっている西日本で最多の臨床実績を誇る頭髪治療専門医院です。

ドクターからのメッセージ

薄毛、抜け毛は、『脱毛症』と呼ばれるようになり、ようやく医療の対象になってきました。 脱毛症(薄毛・抜け毛)は命にかかわる病気でないため、これまでは医療の中でもやや軽視される傾向がありましたが、一方で脱毛症の当人にとって肉体的苦痛は無くとも、精神的苦痛は計り知れないくらい大きいものであることも少なくないのです。日本だけでも薄毛、抜け毛に悩む人が1,250万人もいると言われているにもかかわらず、毛についての研究は世界的にもまだ十分といえません。近年ようやく、効果的な治療薬、治療法も開発されてきました。今までは民間療法に頼らざるをえなかった薄毛・抜け毛も、医療機関で本格的に“髪”の治療ができる時代になったのです。

医療機関からのメッセージ

当院の総合頭髪治療と、他の医療機関の頭髪治療の違いは、その目的と治療効果です。 一般の医療機関で行われる頭髪治療は、プロペシア錠(男性型脱毛症薬)の処方による脱毛予防です。プロペシア錠の内服だけでも男性型脱毛症の進行を遅延させることが出来ますが、十分な発毛効果が得られることは多くありません。 総合頭髪治療の重要な目的のひとつは、「発毛」です。 髪を太く長く成長させ、頭髪の密度を増やします。 実際の治療では頭皮や毛髪だけでなく、一人ひとりの脱毛原因に応じたトータルケアが必要となります。総合頭髪治療は、薄毛を客観的に判断する最新の検査から、医薬品(内服薬・外用薬)による治療とメンタルケア、食・生活習慣の指導までを提供する、専門医師たちによる1万人以上の臨床実績があるテーラーメイド医療です。

脇坂クリニック大阪のご紹介

  • 診療内容
    皮膚科、形成外科
  • 住所
    〒530-0001
    大阪府大阪市北区梅田3-3-20 明治安田生命大阪梅田ビル21階
  • アクセス
    ※JRでご来院される場合 JR大阪駅桜橋出口より徒歩約7分です。 JR東西線北新地駅西改札口より徒歩約7分です。 ※新幹線でご来院される場合 新大阪駅にて地下鉄御堂筋線へお乗り換え下さい。御堂筋線梅田駅 南改札口より徒歩約10分です。 ※阪神電鉄でご来院される場合 梅田駅西出口より徒歩約5分です。 ※地下鉄でご来院される場合 四つ橋線西梅田駅北改札口より徒歩約5分です。
  • 診察時間
    ≪完全予約制≫
    ※予約受付は、30分前までとなります
    木、金曜日 11:00~18:00
    土曜日 10:00~19:00
    日曜日 10:00~18:00
  • 休診日
    毎週月、火曜日
    (水曜日は初診・受付のみ)
  • 電話番号
    06-6940-7888
  • ホームページ
    脇坂クリニック大阪

※各クリニックの情報は掲載時点のものです。最新情報とは異なる場合もございます。

医療機関・クリニックを探す

関連リンク

※注意
このページは、「病院紹介」ではありませんのでご注意ください。WEBサイトからプリントアウトした書類は「紹介状」ではありません。

※医療機関リスト掲載基準
NPO法人アンチエイジングネットワークは、以下の掲載基準を満たした医療機関を掲載しております。
・NPO法人アンチエイジングネットワークの役員の推薦
・日本抗加齢医学会の専門医がいる医療施設
・NPO法人アンチエイジングネットワーク賛助会員企業の推薦
・医療機関リストに既に掲載の医療機関からの推薦
上記いずれかの掲載基準を満たし、最終的にNPO法人アンチエイジングネットワークの理事会が認めた医療施設のみリストに掲載します。