アンチエイジングレシピ「甘夏みかんゼリー」
アンチエイジングスタイル:TOP
アンチエイジングに関する旬なテーマをクローズアップ! アンチエイジングとはNPOについてメルマガ登録

アンチエイジングネットワークトップ > アンチエイジング 食 > 詳細

一覧
かつおとれんこんの酢いり
トマトとフェタチーズのサラダ
菜の花と卵の皿焼き
プルーンの焼き菓子
白菜と春雨の煮もの
牡蠣と豆腐のオイスターソース煮

アンチエイジング大賞2015

アンチエイジング大賞 いつも輝いているこの方々が受賞されました!
相談窓口はこちら
メールマガジン無料登録
甘夏みかんゼリー
2007.06.28
「甘夏みかんゼリー」――アンチエイジング料理レシピ(98)


 最近では、日本各地の特産のかんきつ類が、スーパーでも簡単に手に入るようになりました。

 かんきつ類に含まれる苦味成分のリモネイドート、香り成分のオーラプチンなどのファイトケミカルと呼ばれる成分に、がん予防効果があるとして栄養的にも見直されています。

 今が旬の甘夏みかんは、抗酸化力に優れた効果のあるビタミンCも多く、紫外線が強くなるこれからの季節に向け、たっぷり食べておきたい食材です。

 このゼリーは、皮を容器にしてかおりを楽しみながら、オーラプチンや、リモネイドの効果を充分生かすことができます。ゼリーに使われるゼラチンは、コラーゲンそのものですから、ビタミンCと組み合わせることで、お肌のアンチエイジングに欠かせないメニューになります。作り置きできますから、朝食のジュース代わりにも良いですね。



<材料>2個分
 甘夏みかん  2個(200ml)
 水      200ml
 グラニュー糖 50g
 ゼラチン   8g
 レモン汁   小さじ1
 ミントの葉  少々
 
<作り方>
(1) ゼラチンは、大さじ2の水でふやかしておく。
(2) 甘夏みかんの上の部分、3分の1をカットして、形をくずさないように中身をくりぬき果汁を取る。皮は型として使う。
(3) 鍋に水とグラニュー糖を煮溶かし、火を止めてから(1)のゼラチンを加ええて泡立てないように混ぜる。
(4) (3)の荒熱が取れたら(1)の果汁とレモン汁を加え、とろみがつくまで冷やす。
(5) (2)の甘夏の皮に流しいれ、冷蔵庫で3〜4時間冷やす。
(6) ゼリーを適当な大きさのくし型に切り分け、ミントの葉を飾る。

(コジータイムダイエットコンサルテーション代表・管理栄養士、石井多津子)


※総カロリー  一個分 146kcal
(料理製作時に材料を計量して算出した概算です。目安としてご利用ください)

<< アンチエイジング 食一覧に戻る

このページの先頭に戻る
アンチエイジングネットワークアンチエイジング医療アンチエイジングビューティアンチエイジング食アンチエイジングライフ
アンチエイジングニュースアンチエイジング3大対策アンチエイジングQ&Aアンチエイジング用語集アンチエイジングセミナー
クローズアップ!アンチエイジングデータで読むアンチエイジングガイド記事アンチエイジングトークアンチエイジング大賞
アンチエイジングの日アンチエイジングとはNPOについてメールマガジン登録リンク集
賛助企業一覧メディア紹介情報取材の問い合せプレスリリース受付プライバシーポリシー特定商取引に基づく表記サイトマップ
www.anti-ageing.jp お問い合せ プライバシー保護