肌老化はなぜおきるでしょうか?肌老化を引き起こす原因には「紫外線」「皮膚の乾燥」「細胞の酸化」「皮膚の菲薄化」という4つの要因が挙げられます
アンチエイジングスタイル:TOP
アンチエイジングに関する旬なテーマをクローズアップ! アンチエイジングとはNPOについてメルマガ登録

肌老化の4大原因
光老化
細胞の酸化
皮膚の乾燥
皮膚の菲薄化
相談窓口はこちら
メールマガジン無料登録
赤ちゃんの肌はつきたてのお餅のようしっとりしています。そして若い肌はツルンと張りがあります。しかし、年齢を重ねると、だんだんその張りを失い、艶もなくシワも目立ってきます。これが「肌の老化」です。
そもそも肌はどうして老化するのでしょうか?その原因を探っていきましょう。


まずは、わたしたちの肌のメカニズムをみていきましょう。

私たちの体全体を包み込み、外界のさまざまな刺激から守ってくれる役割を担う肌。そして、肌はたえず摩耗していき、常に中から新しい細胞が生まれて、再生を続けています。
では、肌自体はどういう構造になっているのでしょうか。肌は一枚の「皮」ではなく、「表皮」と「真皮」と呼ばれる二層から成り立っています。

表皮のメカニズム
表皮の一番下「基底細胞層」で新しい表皮細胞が作られ、その後、約28日間で表皮の一番外側のに届き「角質層」となります。その後、約14日で垢として剥がれ落ちていきます。これがよく耳にする「肌のターンオーバー」です。ただし、年をとってくるとこのサイクルもどんどん日数がかかるようになってきます。また、角質層も乱れ、層が厚くなってきてきます。そして、メラニン色素も皮膚に残り易くなり、これがしみやくすみの原因のひとつとなります。

真皮のメカニズム
真皮層は、線維や毛細血管、リンパ管などがつまっており、これらが表皮層をささえて酸素や栄養素を送り込んだり、老廃物を運び去っています。主な成分として膠原線維(コラーゲン)と弾性線維(エラスチン)、これらの間を埋めるゼリー状のもの(ヒアルロン酸が代表的)です。これらは「線維芽細胞」という細胞から分泌されます。皮膚の弾力やハリは、このコラーゲンやエラスチンによって大きく左右されます。


金属や繊維などを想像してみてください。ずっと使ってきたものは自然と衰えていきます。
外的な刺激を長い期間受け続けてきたものは、皆、疲労していきます。それと同様に、生まれて以降ずっと使い続けてきた肌も少しずつ疲労しつづけています。年齢を重ねると体力が落ちてくるように、肌もさまざまな機能が低下してきます。
私たちは持って生まれた肌の性質があります。確かにそれが肌老化の進度をある程度決めているといえます。しかし、それ以外の外的要因によって、それぞれの老化の進度が大きく変わってくるのです。
肌老化の大きな原因は「紫外線」「皮膚の乾燥」「細胞の酸化」「皮膚の菲薄化」という4つ。それぞれを詳しく見てみましょう。

次へ:光老化 >>

光老化 肌に悪影響を及ぼす
紫外線による光老化とは?
細胞の酸化 肌をさびさせる原因、
活性酸素が増える要因は?
       
皮膚の乾燥 若々しい肌のために
不可欠な潤いを守るには?
皮膚の菲薄化 加齢と共に疲労し、
薄くなっていく肌の原因は?

このページの先頭に戻る
アンチエイジングネットワークアンチエイジング医療アンチエイジングビューティアンチエイジング食アンチエイジングライフ
アンチエイジングニュースアンチエイジング3大対策アンチエイジングQ&Aアンチエイジング用語集アンチエイジングセミナー
クローズアップ!アンチエイジングデータで読むアンチエイジングガイド記事アンチエイジングトークアンチエイジング大賞
アンチエイジングの日アンチエイジングとはNPOについてメールマガジン登録リンク集
賛助企業一覧メディア紹介情報取材の問い合せプレスリリース受付プライバシーポリシー特定商取引に基づく表記サイトマップ
www.anti-ageing.jp お問い合せ プライバシー保護