アンチエイジングニュース

厚生労働省が、1回の服用ですむ新たなインフルエンザ治療薬「ゾフルーザ」の製造販売を承認(平成30年2月23日)、というニュースです。

青少年が服用すると精神状態が異常になる可能性のあるなど色々問題となってきたタミフルなどのインフルエンザ治療薬と異なる作用をする薬で、開発した塩野義製薬によると今年5月の販売開始だそうです。
このゾフルーザは、A型及びB型インフルエンザともに有効で、1回錠剤を飲むだけで効果があるとされる待望の新薬です。

ちなみに、タミフルは1日2回、5日間飲み続ける必要があります。また、インフルエンザウイルスは人の細胞に入った後に、体中で増殖して細胞外に出のですが、ゾフルーザは細胞内での増殖を抑制する作用がある点に特徴があります。

タミフルや吸入薬リレンザなどの薬はいずれも増殖は抑えられず、細胞外に出るのを抑えるだけでした。

さらに今までの薬が効かない耐性ウイルスが流行する場合にも、この新薬が感染拡大防止に役立つ可能性があるという事で、期待大です。

 

ハセ博士=薬学博士。国立大薬学部や米国の州立大医学部などで研究や教官歴がある。

  • facebook Share
  • Tweet
  • LINE

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新記事をお届けします

カテゴリ一覧