アンチエイジングニュース

眠気の防止といえばカフェイン摂取が一番知られています。

ところが、カフェインを多く含んだ眠気防止の薬や清涼飲料による中毒で、2011年度からの5年間に少なくとも101人が病院に運ばれ、うち3人は死亡していたことが、日本中毒学会の実態調査でわかりました。

これら以外にも重大事故が起きており、若者を中心とした乱用の可能性があるそうです。

ご存知のように、カフェインには興奮作用があり、短時間に大量摂取すると吐き気、心拍数の増加、興奮などの中毒症状が現れます。

文部科学省の日本食品標準成分表によると、コーヒーには100ミリリットル当たり0.06グラム、煎茶には同0.02グラム含まれているそうです。

またそれ以上に、市販の眠気防止薬には1錠に0.1グラムほど含まれている他、かぜ薬や人気の炭酸飲料「エナジードリンク」にも入っています。

15年に報告された死亡事故では、深夜勤務に就いていた20代の男性がエナジードリンクとカフェイン製剤を一緒に飲み過ぎて亡くなっており、急性中毒で病院に運ばれるケースが相次いでいます。

全国の38救急医療施設に搬送され、急性中毒と分かったケースを集計した結果によると、11年度から15年度に計101人中97人は眠気防止薬を使っており、7人が心停止、うち3人が死亡していました。

心停止した人はいずれもカフェインを6グラム以上取っていたそうです。

自殺目的の過量服用もあるようですが、眠気覚ましのために乱用しているケースもあり、注意が呼びかけられています。

 

ハセ博士=薬学博士。国立大薬学部や米国の州立大医学部などで研究や教官歴がある。

  • facebook Share
  • Tweet
  • LINE

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新記事をお届けします

カテゴリ一覧