アンチエイジングニュース

「加工肉に発がん性:WHO」
――ハセ博士のヘルシー情報最前線(462)

世界保健機関(WHO)が10月26日に、ハムやソーセージなどの加工肉を、発がん性基準「グループ1(人に対する発がん性がある)」に分類し、発表しました。

これを受けて国立がん研究センターが、「平均的な日本人には影響がないか、あっても小さい」と10月29日に発表しています。

今回のWHOの発表では、加工肉のほかにも、牛肉や豚肉・羊などの「赤肉」についても「グループ2A(人に対する発がん性がおそらくある)」に分類しています。

ただし「グループ1」や「グループ2A」に分類されていても、実際のリスクについては摂取量などによって大きく変わり、これが日本人にはあまり影響がないとされる所以です。

国立がん研究センターによると、日本人の赤肉・加工肉の摂取量は1日あたり63グラム(うち、赤肉は50グラム、加工肉は13グラム)で、これは世界的に見ても非常に少ない消費量だそうです。

さらに、2011年に日本人を対象に赤肉・加工肉と大腸がん罹患リスクについての調査では、摂取量の多かったグループでは発がんリスクの上昇がみられたものの、大半のグループでは影響がみられなかったことから、「大腸がんの発生に関して、日本人の平均的な摂取の範囲であれば赤肉や加工肉がリスクに与える影響は無いか、あっても、小さい」としています。

赤肉は栄養価も高く、また摂取量が少なすぎると脳卒中のリスクを高めるそうですので、WHOの報告をあまり深刻に受け止めずに、今までと同じように摂るのが良さそうです。

ハセ博士=薬学博士。国立大薬学部や米国の州立大医学部などで研究や教官歴がある。

  • facebook Share
  • Tweet
  • LINE

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新記事をお届けします

カテゴリ一覧