アンチエイジングニュース

「血液型でガンのなりやすさがわかる」
――ハセ博士のヘルシー情報最前線(330)

胃の粘膜にピロリ菌が感染すると、胃がんや十二指腸潰瘍になりやすくなります。

今回、こうした体質は血液型と1つの遺伝子で決まることが東京大学の研究で分かりました。

ちなみにO型の人は、他の血液型の人よりも、十二指腸潰瘍が1.4倍できやすいそうです。

これは東京大学医科学研究所の松田浩一准教授らが、有名な医学誌ネーチャー・ジェネティクス誌に発表したものです。

(医学雑誌名:Nature Genetics 44, 430–434 (1 April 2012)  論文タイトル:A genome-wide association study identifies two susceptibility loci for duodenal ulcer in the Japanese population  著者: Chizu Tanikawa, Koichi Matsuda他)

ピロリ菌は、日本人の大人のおよそ半数が感染しているとされ、胃がんや十二指腸潰瘍の原因となっています。

特に私のような団塊の世代の人は、ほとんどの人がピロリ菌を持っており、胃がんの検診項目になっているほどです。

ところで、胃の粘膜にピロリ菌が感染すると、胃がんになりやすい人と、十二指腸潰瘍になりやすい人がいることがわかっています。

そこでこの研究グループは、胃がん、十二指腸潰瘍患者、および健康な人3万4000人の遺伝情報を分析し、どちらの病気になりやすいかを調べました。

すると、胃がんや十二指腸潰なりやすさは、血液型と細胞の増殖に関係するPSCAと呼ばれる遺伝子によって決まることが分かりました。

このPSCA遺伝子は3つの型に別れますが、このうち胃がんになりやすい遺伝子型で血液型がAの人の場合では、十二指腸潰瘍になりやすい遺伝子型で血液型がOの人に比べて、胃がんになるリスクが1.8倍に高まっていました。
また、その一方で、十二指腸潰瘍になるリスクは3分の1と低くなっていたということです。

さらに、日本人では、胃がんになりやすい型のPSCA遺伝子を持つ人の割合が、欧米人よりも多いということで、日本人に胃がんが多い理由の一つと考えられます。

将来はこのような遺伝子を調べることで、胃がんへのなりやすさが分かり、予防や早期発見につなげられると期待されています。

ハセ博士=薬学博士。国立大薬学部や米国の州立大医学部などで研究や教官歴がある。

  • facebook Share
  • Tweet
  • LINE

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新記事をお届けします

カテゴリ一覧

  • アンチエイジングセミナー2017
  • アンチエイジング大賞
  • 管理栄養士監修 アンチエイジングレシピ集
  • アンチエイジングのヒント
  • アンチエイジング医療機関へ行こう!

よく読まれている記事

まだデータがありません。

医療機関のご紹介

テーマ別に対策を学ぶ