アンチエイジングニュース

「人肉入りサプリメント」
――ハセ博士のヘルシー情報最前線(329)

ぞっとするお話です。

死産した胎児などの肉を乾燥させて作った「人肉カプセル」が韓国の税関検査で相次いで見つかり、当局が取り締まりを強化しているそうです。

人肉カプセルは、滋養強壮や若返りの効果があるとして服用されているものだそうですが、スーパーバクテリアと呼ばれる耐性菌などの有害物質の混入も確認されており、危険性があります。

英字紙コリアタイムズによると、中国から韓国への観光客を装って人肉カプセル1万1000錠の密輸をはかったとして、これまでに29人が逮捕されたとしています。
また、東亜日報によれば、昨年8月以降の摘発件数は35件を超え、税関で1万7000錠以上が見つかっているということです。

そして韓国当局は密輸を阻止するために、入国者の手荷物検査や国際郵便の検査を強化するなどの対策を講じていると伝えられています。

ちなみに、美容に良いといわれるプラセンタは、哺乳動物が出産する際に胎児と共に出てくる胎盤ですが、以前はヒトのものが使用されていました。
今は、サプリメントにはブタ由来のプラセンタが使われるようになっており、ヒトのプラセンタは医療用注射液のみですのでご安心を。

ハセ博士=薬学博士。国立大薬学部や米国の州立大医学部などで研究や教官歴がある。

  • facebook Share
  • Tweet
  • LINE

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新記事をお届けします

カテゴリ一覧