アンチエイジングニュース

「赤ちゃんの出生時の体重が、戦前よりも悪くなっている」
――ハセ博士のヘルシー情報最前線(270)

少子高齢化の元凶である出生率の低下は激しく、最近やや出生率が上昇したとはいえ、依然1.3付近と非常に低いレベルです。

さらに、やっと生まれてくる赤ちゃんの出生体重も減少の一途をたどっており、戦前の水準さえ下回ったことが明らかになりました。
ちなみに出生体重が減少しているのは先進国では日本だけだそうで、その原因は女性の痩せ願望喫煙ストレスなどだそうです。

厚生労働省は、昭和35年から10年ごとに乳幼児身体発育調査をおこなっていますが、最新の平成12年調査結果では男児3040g、女児2960gでした。
これは過去最高だった昭和55年の3230g、3160gから、20年間で約200gも減り、昭和35年平均も下回っていることになります。
また昭和15~17年の平均(3050g、2970g)さえ下回っているのだそうです。

一方、日本の出産適齢女性の平均身長は、昭和22年の20歳で150.4cm、26~30歳で149.4cmで、平成17年は20歳158.3cm、26~29歳158.5cmと8~9cmも大きくなっています。

にもかかわらず新生児の体重が低下した原因として、女性の過度の痩せ志向があるようです。
実際、厚労省の国民栄養調査によると、女性の平均BMI値は「ふつう」(18.5以上25.0未満)の範囲ながら、昭和22年の22.4が平成17年に21.1、20.4まで下がっています。

それ以外にも、喫煙ストレスも関係しているようです。
たばこを吸えば、胎児は酸欠になり、ニコチンにさらされます。
実際に厚労省調査では、母親本人の喫煙だけでなく、父親らによる受動喫煙でも、本数が増えるほど出生体重が減ることがわかっています。

新生児の体重減少は発育にも関係してきますので、ある意味では少子化以上に深刻な問題です。

したがって早急な解決策が必要ですが、この問題を解決するには出産適齢女性の健康の確保はもちろんのこと、胎児からのメタボ対策など国を挙げた取り組みが必要です。

ハセ博士=薬学博士。国立大薬学部や米国の州立大医学部などで研究や教官歴がある。現在は製薬企業で研究に従事している。

  • facebook Share
  • Tweet
  • LINE

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新記事をお届けします

カテゴリ一覧