アンチエイジングニュース

「抗がん剤が、シワやシミ取りに効く」
――ハセ博士のヘルシー情報最前線(236)

前がん状態の患者さんが抗がん剤入りのクリームを顔につけたところ、思ってもみないことにシミやシワがなくなり、皮膚が若返ることがわかりました。

これは米国シガン医科大学のDana Sachs博士らが明らかにしたもので、フロロウラシル入りのクリームを老化やダメージを受けた顔につけたところ、古い皮膚が取り除かれて新しい健康的な皮膚に置き換わる事がわかりました。
その効果は、美容用のレーザー治療と同様だったということです。

研究では、皮膚がんに進展しやすい光線性角化症という前がん症状の患者さん21名に、フロロウラシル含有クリームを1日2回2週間つけてもらいました。
すると、前がん状態の皮膚や紫外線ダメージを受けた皮膚症状が大幅に改善することが明らかになりました。
治療前にはそのような効果は全く期待されておらず、クリームをつけた人々は「お肌が新しい健康な肌へと置き換わった」と大喜びしているそうです。

以上の結果から、抗がん剤であるフロロウラシルがシワ、シミ、クスミ、皮膚の凸凹や皮膚に起こったダメージを大幅に改善すると考えられ、新たな知見として注目されています。そしてその効果は非常に高く、美容用のレーザー治療などに比べても安価に治療出来るので、将来は老化予防の有望な方法になるのでは、と期待されています。
ただし他の専門家によると、塗布部が発赤したりカサブタが生じたりする可能性もあるので、もっと慎重に調べる必要があり、当面はコスメ目的には使用しないほうがよいと警告しています。

ところで、あのED治療薬のバイアグラも最初は毛髪生育剤として研究されていたものです。臨床試験中のバイアグラを投与された人に、思いもかけないような効果があることがわかり、現在の夢のED薬となったのです。
このフロロウラシルもひょっとして、そのようなことに・・・。

でも当面は、皮膚の老化予防には紫外線に注意することがベストとのことですので、念のため。

ハセ博士=薬学博士。国立大薬学部や米国の州立大医学部などで研究や教官歴がある。現在は製薬企業で研究に従事している。

  • facebook Share
  • Tweet
  • LINE

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新記事をお届けします

カテゴリ一覧