アンチエイジングニュース

「女性の声は排卵期に高くなる」――ハセ博士のヘルシー情報最前線(203)

性の声の音程は、男性に比べて明らかに高い音ですが、カルフォルニア大学ロスアンジェルス校の研究によると、女性が生殖可能となる排卵期には、更に声が高くなることがわかりました。

この報告は、カルフォルニア大学ロスアンジェルス校コミュニケーション学Gregory A. Bryant教授らが、生物学誌に報告したものです(論文タイトル:Vocal cues of ovulation in human females. Biology Letters, 2008;1)。その報告によりますと、一般的に言って声が高いと女性的に感じ、より魅力的に聞こえるのだそうですが、排卵期が近づくと更に声が高くなっていき、自分が生殖の準備ができたことを、男性に知らせるのだそうです。

研究では69名の女子学生を対象に、「ハイ、私はUCLAの学生です」と話してもらい、月経サイクルをとおして録音しました。つぎのその音程を分析したところ、排卵期に近づくにつれて、声の音程が高くなることが明らかになりました。声が高くなるのは女性ホルモンの影響によると考えられ、若い女性で、特に妊娠能力が高い人にその傾向が高かったということです。また声以外にも、服装や歩き方、好みの男性選びにも変化が現れたとされています。研究者によると、これらはいずれも妊娠の機会を高めるためのもので、男性は女性のこれらの変化に対して、より魅力を感じるように進化した可能性も同時に指摘されています。女性の魅力だけでなく、生物進化を考える上でも重要な知見のようですね。

ハセ博士=薬学博士。国立大薬学部や米国の州立大医学部などで研究や教官歴がある。現在は製薬企業で研究に従事している。

  • facebook Share
  • Tweet
  • LINE

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新記事をお届けします

カテゴリ一覧