アンチエイジングニュース

ココロとカラダに上質な時間を提供しつづけている、フィットネスクラブ「TIPNESS(ティップネス)」。時代のニーズに応えるオリジナルのスタジオプログラムを生み出し、全国59店舗、約21万名の会員の方々へ、健康で快適な生活文化を提案している。

今回、注目したプログラムは「ウーマンズセラピーワークアウト」。これまでの、フィジカルフィットネスにメンタルケアという要素を加え、特に30代後半~40代のいわゆる「アラフォー」と呼ばれる女性を対象にしたプログラムだ。ストレス改善、筋バランス、スタイルアップを目的としているという。「ウーマンズセラピーワークアウト」の効果は、第9回日本抗加齢学会総会でも発表されている。同志社大学生命医科学部アンチエイジングリサーチセンター研究員としてご活躍されている望月俊男先生が実施された研究「運動初心者に対する2種のタイプエクササイズの比較検討」だ。比較しているのは「ウーマンズセラピーワークアウト」と、ウォーキング主体のプログラム。各プログラムでモニター試験を実施した結果、ストレス感受性を計測する心理検査STAIの比較データをみると、ウォーキング主体のプログラムよりウーマンズセラピーワークアウトの方が、開始時より8週間後の研修終了後にストレス感受性値が減少していた。

また、アンチエイジングに重要なホルモンであるDHEA(デ・ヒドロ・エピ・アンドロステロン)がウォーキングよりも有意に増加することも実証された。アラフォー世代の強い味方となる「ウーマンズセラピーワークアウト」。具体的には、どのような内容なのだろうか。プログラム開発担当者「花車(はなぐるま)」氏にお話を伺った

★五感が刺激され、気分スッキリ

「なんとなくカラダがだるい」「肩が凝る」とプチ不調の一因にはストレスがあります。カラダだけではなく、ココロも解放していただくために開発したのが「ウーマンズセラピーワークアウト」。もちろんスタイルアップも目指せる内容です。特に、都会で働く「アラフォー世代」の女性に、会社と自宅以外のリラックスできるサードスペースとしてティップネスを活用していただきたいと、このプログラムを考案しました。
まず一番に特徴的なのは、プログラムで使用するオリジナルワークピロー。触っているだけでリラックスできるような感覚のビーズクッションは、ゴージャス感のあるゴールド。触覚と視覚を刺激します。BGMは「プリティー・ウーマン」等の80年代ポップスが中心です。聞きなれたフレーズに合わせて、ピローを首や頭にかけたり、内股に挟んだり。ストレッチからトレーニングとプログラムは進みます。ピローを眼で追うことで眼球運動も促され、ひとつひとつの動きに対しても意識が高まっていきます。レッスンスタジオでは、100%オーガニックのアロマウォーターを使用し、ラベンダーの香りが嗅覚を気持ちよく刺激します。45分という短い時間でも、充分にカラダとココロをリフレッシュしていただけるでしょう。残念ながら、味覚だけはエクササイズの後、ご自身で刺激をお願いしています(笑)。
会員の方からは「カラダがほかほかして、冷え性が改善されてきた」「終わった後にスッキリ感がある」「オリジナルピローを抱いたまま、ねむっちゃいたいぐらい。気持ちいいです!」と、新感覚プログラムは好評です。女性だけでなく男性も参加できますよ。今後も、メンタル的な要素を取り入れたユニークなプログラムが登場しますので、ご期待ください。

★流行に敏感な方にオススメ

一昔前はスポーツクラブのスタジオプログラムといえば「エアロビクス」と相場は決まっていたように思う。今ではエアロビクスひとつをとっても種類が豊富。更に、ヨガ、バレエや、フラといったダンス系エクササイズ、ボディバランス系、格闘技系など、枚挙に暇がない。そしてメンタルケアもできるプログラムまでが加わり、進化を続けるスタジオプログラム。
大人から始められるバレエのコースで、子供の頃あこがれたバレリーナ気分を味わう、激しい動きが苦手な方はストレッチ中心のプログラム、大人気のフラでスピチュアルな癒しを求める……。
スポーツクラブなら、体調や目的に合わせて、さまざまなレッスンを試せる。あなたのアンチエイジング活動に利用してみてはいかがだろう。

●詳しくはフィットネスクラブ「TIPNESS(ティップネス)」

  • facebook Share
  • Tweet
  • LINE

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新記事をお届けします

カテゴリ一覧