アンチエイジングニュース

「ジェットコースターは不整脈を起こす!」――ハセ博士のヘルシー情報最前線(157)

 夏休みの真っ盛りです。
 山や海、あるいは遊園地へと、家族計画がぎっしりという方も多いのでは?

 さて、遊園地といえば、ジェットコースターですね。 
 このジェットコースターは心臓に良くないというのは実感ですが、やっぱりその通りで、実際に心臓には悪い事が実証されたというお話です。

 これはドイツ・マンハイム大学病院のJuergen Kuschyk氏らが発表したもので、ジェットコースターの乗車は不整脈を誘発し、特に心疾患の患者さんにはそのリスクが高いと警告されています(発表タイトル:Modern Roller Coaster Rides: A Potential Cardiovascular Risk?; 2006, Sep. 4)。

 研究では、55人のボランティアに、ホルター型心電計を装着してもらい、ジェットコースター乗車中の心拍数の変化を測定しました。

 なお、被験者は37人が男性(平均年齢は28歳(18~70歳))で、ジェットコースターの乗車経験の豊富な人から全く経験の無い人まで、いろいろな人が混ざっています。

 また、乗車したジェットコースターはドイツ国内にある、地上62メートルから急速に落下する本格的なものです(乗車時間は120秒、重力の変化は4秒間で6G、最高時速は120キロ)。

 その結果、乗車中の平均心拍数は激しい運動した時と同じ程度に上昇し、被験者のうちの43.6%が不整脈を起こす事が分かりました

 安静時の平均心拍数89が、スタートから平均64秒後には155にまで達しました。
 特に心拍数上昇が大きかったのは、坂をゆっくり上る最初の30秒間で、感情面のストレスも心拍数に大きく影響しているようです。

 また、心拍数の変化は、乗車経験が豊富な人でも未経験者と同様でしたが、女性の方がその差が激しかったそうです(男性148.5拍/分、女性164.8拍/分)。

 55人中24人(43.6%)には、乗車後に、最大で5分間の洞性不整脈が見られました。
 そのうちには、心房細動を起こした人や非持続性心室頻(NSVT)が現れた人もいたそうです。

 予想通りの結果といえばそれまでですが、心臓が強くないと思う人は、やっぱり見るだけにした方が安全のようです。

ハセ博士=薬学博士。国立大薬学部や米国の州立大医学部などで研究や教官歴がある。現在は製薬企業で研究に従事している

  • facebook Share
  • Tweet
  • LINE

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新記事をお届けします

カテゴリ一覧