アンチエイジングニュース

 書痙は、字を書く時などに突然手が振るえだし、字が書けなくなってしまう、厄介なものです。
 昔、田中首相がロッキード事件で逮捕起訴された際の証人喚問で、当時の大庭全日空会長が陳述書に署名する際、緊張のために手が震え、署名出来ないシーンが思い出されます。

 指や手あるいは腕の筋収縮の不随意運動によるもので、有効な治療薬はなく、緩和療法、催眠療法、鍼などの治療法にも限界があるとされていました。

 今回、この書痙の治療に、しわ取り効果で知られるボトックスが有効である事が分かったというニュースです。

 これは、アムステルダム・アカデミー医療センターのJose Kruisdijk博士が、精神神経医学専門誌Journal of Neurology, Neurosurgery and Psychiatry(2006, Dec. 20)号に報告したものです。

 研究では、書痙患者さん40人を対象にボトックスを注射(筋肉内)し、12週間にわたり観察ました。

 ちなみにボトックスは、ボツリヌス菌が生成する食中毒の原因になる毒素を基にして開発された薬剤で、アセチルコリンの分泌を阻害し、筋肉を弛緩させる作用があります。
 1998年に弱視などの眼疾患の治療薬として承認され、その後、首や肩の収縮をもたらす運動障害の治療に、米国食品医薬品局の承認を受けているものです。

 今回の書痙智慮に対する研究では、ボトック投与群では20人中14人(70%)で改善が認められ、対象のプラセボ(偽薬。見た目は薬と一緒だが薬の成分は入っていないもの)を投与した群(19人中6人で改善、31.6%)に比べ、明らかに効果があったといいます。
 この治療法は実際に有効で、治療開始1年後も参加者の50%がボトックス注射を継続していました。
 また、副作用も少なく、一部に軽い手の脱力がみられた程度で、それも一時的なものだったそうです。

 今回の研究そのものは、初歩的で小規模な研究ですので、今後さらに詳しい研究が必要ですが、ボトックス療法が神経疾患にも広く使われていく可能性を示したもので、今後の研究成果が楽しみです。

ハセ博士=薬学博士。国立大薬学部や米国の州立大医学部などで研究や教官歴がある。現在は製薬企業で研究に従事している

  • facebook Share
  • Tweet
  • LINE

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新記事をお届けします

カテゴリ一覧