アンチエイジングニュース

「肥満は、腸に済む細菌の種類で決まる」――ハセ博士のヘルシー情報最前線(144)

 肥満の原因として、新たな発見がありました。
 何と、お腹に住んでいる細菌の種類によって、肥満度が決定されるそうです。

 これは、米国ワシントン大学のMatej Bajzer博士らが見つけたもので、権威ある科学誌として定評のあるネーチャー誌の生理学の欄に、「肥満と腸内フローラ」というタイトルで報告されたものです(Nature 444, 1009-1010 (21 December 2006); 論文タイトル:Physiology: Obesity and gut flora)。

 人間など哺乳類の腸内には千種類以上の細菌が住んでおり、食べ物を消化したり、また栄養物が腸管に吸収されるのを助けています。

 ヒトやマウスの腸管に住む細菌は、バクテロイデス(B:Bacteroidetes)類かファーミキューテス(F:Firmicutes)類のいずれかのグループに属する事が分かっています。

 そこで研究では、先ず太ったマウスとやせたマウスの腸内細菌について、B類とF類の割合を比べました。

 すると、太ったマウスでは、F類に比べ、B類細菌が50%以下と非常に少ない事が分かりました。
 この現象は、人の場合も同様で、太った人ほどB類が少なかったそうです。

 次に太ったマウスにカロリー制限を行い、体重を減少させたところ、B類が増えると同時にF類が減る事が分かりました。

 さらに、細菌が全くない状態で飼育したマウスに、それぞれ太ったマウス由来の腸内細菌を、あるいは逆に痩せたマウスの腸内細菌を与え、元々無菌状態で育ったマウスの体重がどのようになるかを調べました。

 その結果、2週間後の体脂肪増加率を見ると、肥満マウスの腸内細菌を与えた場合は約47%増加したのに対し、痩せたマウスの腸内細菌を与えられた場合には約27%の増加しか見られない事が分かりました。

 以上の結果から、研究者等は、B類細菌が減ってF類細菌が腸内に増えると、食事からのカロリー回収率が高まり、体重増につながるとしています。

 この発見は、今までの常識を打ち破る新しいもので、将来は腸内細菌の状態を変えることで、肥満を治療できる可能性があることになります。
 すなわち、痩せ願望の方は、お腹の中にB類細菌が増えるようにするとよいのかもしれません。

 ちなみに、お母さんのお腹にいる時は、子供は無菌状態です。
 子供の腸内細菌は、生まれてからお母さんとの密接な付き合いで、お母さんの腸内細菌を受け取り、それが一生保たれて、その人の腸内細菌の種類が決まるといわれています。
 すなわち、お母さんが太っていると、お母さんからF型細菌をもらい、逆にお母さんがスリムだと、お母さんのB型細菌を多くもらい、その後もその状態が続くことになります。

 ということは、大きくなってから太るのを嫌い、またお母さんがF型細菌を多く持っている人の場合は、乳児の時に、B型細菌を持っている人と密接な付き合いをしてもらうとよいのかもしれませんね。

ハセ博士=薬学博士。国立大薬学部や米国の州立大医学部などで研究や教官歴がある。現在は製薬企業で研究に従事している

  • facebook Share
  • Tweet
  • LINE

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新記事をお届けします

カテゴリ一覧