アンチエイジングニュース

「英米で大反響:緑茶が長寿に効果あり!」――ハセ博士のヘルシー情報最前線(143)

 緑茶が身体にいいことは、日本人の常識です。
 この常識は世界に認められつつあるのですが、先日、全米医学誌に日本人研究者のある論文が掲載されて以来、“ジャパニース・パラドックス”として、大反響を巻き起こしているという嬉しいニュースをご紹介しましょう。

 これは先日、東北大学の栗山進一助教授等が、全米医学学会誌Journal of the American Medical Association(2006, Sep. 13)に報告したものが発端になっているようです。

 研究では、1994年に40~79歳だった宮城県内の4万530人(男性1万9,060人、女性2万1,470人)を対象に、1995年から11年間にわたって、健康に関する追跡調査をしました。
 そして、その間に亡くなった4,209人について、1日に飲むお茶の量によって四つのグループに分け、死亡率や死因などに差があるかを調べました。

 その結果、1日にお茶を5杯以上飲むグループの死亡率は、最も飲まない1杯未満のグループに比べ、男性で12%、女性で23%低かったそうです。
 特に、動脈硬化が原因となる脳こうそくでは、お茶を多く飲む人では男性で42%、女性で62%も死亡率が低下していることが明らかになりました。
 このように、緑茶の効果は女性の場合に強く認められたのですが、どうもその背景には男性の喫煙率の高さがあるようです。
 また、このような効果は緑茶特有のもので、紅茶やウーロン茶などを飲む人では、効果は見られなかったとされています。
 そして、残念ながら、がんによる死亡を防ぐといった効果も確認されなかったという事です。

 これが元々の論文内容なのですが、英国心臓基金のEllen Mason氏は“日本食はそれ自体で健康食であり、常時西洋食を摂っている人にはこのような緑茶の効果があるかどうかは疑問”とコメントしています。
 日本での心疾患の発症率が世界で最も低いのは、日頃食べる日本食が良いのであって、それにさらに緑茶を合わせて飲むことにより、効果が高まるというものです。
 すなわち、油分の多い西洋食を摂っている人が、慌てて緑茶を飲んでも効果があるかどうかはわからないという訳です。

 しかし、それはそれとして、日頃日本食を食べ、毎日緑茶を飲んでいる我々にとって、嬉しいニュースであることに変わりはありません。
 そして、日本食と緑茶の素晴らしさが改めて取り上げられた訳ですので、我々日本人は大いに胸を張ってよいのではないでしょうか?

ハセ博士=薬学博士。国立大薬学部や米国の州立大医学部などで研究や教官歴がある。現在は製薬企業で研究に従事している

  • facebook Share
  • Tweet
  • LINE

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新記事をお届けします

カテゴリ一覧