アンチエイジングニュース

「新型インフルエンザ予測:1年間に世界で6,200万人の死者、日本では12万人。今後5~10年は要注意」」――ハセ博士のヘルシー情報最前線(138)

 今のところ、ニワトリなどを中心として流行している高病原性トリインフルエンザが、ヒトの間にも流行するようになると、死者は1年間で約6,200万人に上るとの推測が発表されました。

 そしてその危険性は、今後5~10年間は続き、その対策を早急に立てる事が求められています。

 新型インフルエンザが、もし実際に人の間で流行するようになると、一大パニックが発生する事が危惧されます。
 そこで、最近報告された新型インフルエンザに関する2つの話題を取り上げてみました。

(1)新型インフルエンザが発生すると、世界で6,200万人、国内だけでも12万人の死者が予想される。
 これは、米ハーバード大などの研究チームが、英医学誌ランセット(LANCET, 2006, Dec.21)に発表したものです。
 それによると、1918年に世界で猛威をふるったスペイン風邪と同程度に大流行すると仮定すると、死者は1年間で約6,200万人に上るという事です。
 そして、死者の96%は所得の少ない発展途上国の住民になると予想しています。
 研究では、先ず、以前発生したスペイン風邪流行の際のデータを27カ国について解析しました。
 すると、1人当たりの所得が低い国・地域ほど死亡率が高くなっていることが分かりました。
 次にこの結果を2004年の人口と所得に当てはめると、実に全世界で約6,200万人が死亡すると予測されました。
 そして、そのうちの6,000万人は、先進国が構成する経済協力開発機構(OECD)に加盟していない国から発生すると予想されています。
 ちなみに、日本での推計死者数は約12万人で、厚生労働省推計の約64万人よりは少なく見積もられていますが、それでも12万人とは大変な数字です。
 日本人の平均寿命が、2005年度に、この30年来ではじめて前年度を下回りましたが、それはインフルエンザによる死者が増えた事が原因でした。
 すなわち、新型インフルエンザにより死者が12万人も出るとしたら、日本人の平均寿命は激減する事になります。

(2)新型インフルエンザの発生は、今後5~10年にトリから他の動物間に広がり、いつヒトにも流行してもおかしくない。
 これは、国連の担当官が明らかにしたもので、トリインフルエンザは動物の間で今後5~10年流行し、いつ人から人への感染力を持つ新型インフルエンザになるかわからないとし、長期にわたって警戒を強める必要性を呼びかけています。
 そして、ウイルスは病毒性が非常に強いが、トリによっては症状がないまま長期にわたって潜伏することがあるため、渡り鳥などを通じて世界に拡散する恐れがあると警告しています。
 対応策としては、世界の死者の1/3にあたる55人が死亡しているインドネシアや、貧困や感染症に苦しむアフリカへの支援が不可欠と述べています。
 ちなみに、この国連担当者によると、ウイルスの変異で新型インフルエンザが大流行した場合は、最大1億5,000万人が死亡する恐れがあるとしており、その被害を最小限に防ぐよう、各国の備えを急ぐ必要を訴えています。

 冬は特にインフルエンザウイルスが流行する時期です。新型インフルエンザウイルスは、通常のインフルエンザウイルスとは異なるとはいえ、常に注意が必要です。

ハセ博士=薬学博士。国立大薬学部や米国の州立大医学部などで研究や教官歴がある。現在は製薬企業で研究に従事している

  • facebook Share
  • Tweet
  • LINE

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新記事をお届けします

カテゴリ一覧

  • アンチエイジングセミナー2017
  • アンチエイジング大賞
  • 管理栄養士監修 アンチエイジングレシピ集
  • アンチエイジングのヒント
  • アンチエイジング医療機関へ行こう!

よく読まれている記事

まだデータがありません。

医療機関のご紹介

テーマ別に対策を学ぶ