アンチエイジングニュース

 プロバイオティクスとは、元々は“生命のため”という意味ですが、現在はヨーグルトなどの生きたビフィズス菌や乳酸菌などは善玉細菌からなる、腸内環境を整えるための食品の意味に使われています。

 特に高齢の人は、ストレスが引き起こす下痢や便秘などの症状である過敏性腸症候群(IBS, Irritable Bowel Syndrome)にならないように、プロバイオティク・サプリメントを摂るべきといわれています。

 これは60歳を超えると、腸に住んでいる善玉細菌の数が1/1000にまで減少するためで、これを補うため充分な量のプロバイオティク・サプリメントを摂る必要があるのです。

 しかし最近の研究によると、現在市販されているサプリメントには善玉菌の量が充分でなく、購入する際にはバクテリア数を確認する事が大切と警鐘を鳴らしています。

 これはダンディ大学Sandra McFarlane博士らが述べたもので、約50の市販のプロバイオティク製品について調べたところ、その半数の製品には充分効果をもたらす程の善玉菌が入っていないことが分かったとのことなのです。

 特に大手メーカに比べて 小規模のメーカーではその傾向が強いということで注意が必要のようです。

 重要なのは、ビフィズス菌や乳酸菌などの正しいバクテリアを含むことが明記されたもので、バクテリアの数も少なくとも1,000万個があるものを選ぶ必要があるということです。

 ちなみに海外旅行先での下痢、過敏性腸症候群、あるいは抗生物質を飲んだ後の下痢などの症状には、プロバイオティクが有効であることを示す論文は知られているものだけでも80以上あります。

 このプロバイオティク製品は、大腸菌やキャンピロバクターなどの食中毒原因菌の生育を抑えますので、高齢者に限らず、全ての年代の人の健康維持に役立ちますので、是非積極的に摂るようにしてください。

ハセ博士=薬学博士。国立大薬学部や米国の州立大医学部などで研究や教官歴がある。現在は製薬企業で研究に従事している

  • facebook Share
  • Tweet
  • LINE

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新記事をお届けします

カテゴリ一覧