アンチエイジングニュース

性欲が強い人は頭痛になりやすい――ハセ博士のヘルシー情報最前線(118)

性欲が強いことと頭痛になりやすいことが関係ある、などとは思ってもみなかったのですが、最近の研究によると全く関係なさそうなこのふたつが密接に関係しているのだそうです。

 これは、Wake Forest大医学部のTimothy Houle博士らが、全米頭痛学会から発刊されているHeadache誌(2006, June)に報告したものです。

 研究では、シカゴ在住で年に10回以上偏頭痛が起こるとした68人の成人(平均年齢24歳)を対象に調べました。

 まずこれらの人の頭痛が偏頭痛のタイプか緊張性頭痛タイプかを調べ、次いで14項目の性欲に関する聞き取り調査をしました。

 その結果、偏頭痛が起こりやすい人は、緊張性頭痛タイプの人より20パーセントも強い性欲を感じていることが明らかになりました。これは年齢や性別に関係なく、偏頭痛の人に共通している現象だったそうです。

 偏頭痛持ちの男性の場合は、女性より24パーセントも強い性欲を有していたのに対し、通常の緊張性頭痛タイプの男性は偏頭痛を持つ女性とほぼ同等の性欲を有していたそうです。すんわち、偏痛男性>偏頭痛女性=緊張性頭痛男性>緊張性頭痛女性、の順で性欲が強いことになります。

 ところで、脳内ホルモンであるセロトニンは、偏頭痛が起こる際には低値となることが知られています。また、男性の場合、過剰のセロトニン分泌によって女性化現象が起こることも分かっていました。

 以上の事実を考え合わせると、セロトニン分泌が低下すると性欲が強まり、同時に偏頭痛が起こりやすくなると考えられます。逆に言えば、偏頭痛がちの人は性欲が強い可能性が高いというわけです。

 残念ながら、今回の研究に中高年の人は含まれていませんので、昨今問題となっている中高年の性欲については分かりません。また、今回の研究は少数例しか調べられていませんので、さらに詳しい調査がないとこの報告が正しいかは分かりません。

 でも、もしあなたのお知り合いの方が偏頭痛持ちでしたら、ちょっと観察されるとよいかもしれませんよ。

ハセ博士=薬学博士。国立大薬学部や米国の州立大医学部などで研究や教官歴がある。現在は製薬企業で研究に従事している

  • facebook Share
  • Tweet
  • LINE

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新記事をお届けします

カテゴリ一覧