アンチエイジングニュース

グルコサミンやコンドロイチンは役立たない?――ハセ博士のヘルシー情報最前線

 グルコサミンやコンドロイチンは膝関節炎を抱える人に人気が高く、よく使われるサプリメントです。ところが今回、少なくとも軽度の変形性膝関節炎の人にはあまり有効ではなさそうだとの報告がありました。

 この研究は、ユタ大医学部Daniel O. Clegg博士が行なったもので、権威ある米国医学雑誌New England Journal of Medicine(2006,Feb.23)に報告されています。

 研究は、変形性骨関節炎で膝に痛みがある1583人の患者さん(平均年齢59歳)を対象にしたものです。これらの人を5つのグループに分け、第1のグループには1日1500ミリグラムのグルコサミンを、第2グループには1200ミリグラムのコンドロイチンを、第3グループにはグルコサミンとコンドロイチンを同時に取ってもらいました。また、第4グループには200ミリグラムの痛み止め処方薬Celebrexを、第5グループにはプラセボ薬を使ってもらい、それぞれの群での効果を比較しました。なお、効果判定には少なくとも20パーセント膝の痛みが少なくなった人を有効としています。

 その結果、グルコサミンやコンドロイチン単独、2つのサプリメント併用群の有効率はプラセボ偽薬群と差が見られませんでした。一方で、かなり重症の患者さんの中には有効性が認められる場合があり、プラセボ偽薬群では54.3パーセントだったのに対し、2つのサプリメントを併用した場合は79.2パーセントの人で有効だったそうです。

 これらの結果から、著者は、グルコサミンやコンドロイチン単独の場合はほとんど効果がなく、重症の患者さんにのみこれら2種を併用すると有効な場合があるとしています。そして、体重を下げて運動し、必要ならばNSAID(非ステロイド性抗炎症薬)を取ることが最も有効で、痛みが激しい時に限ってサプリメントの併用使用について考慮してもよいとしています。

 しかし、今回の報告に対してはいくつかの疑問が寄せられています。例えば、同誌の批評欄には、メリーランド大医学部のMarc C. Hochberg教授が、今回の研究ではグルコサミン塩酸塩を用いているが、グルコサミン硫酸塩を用いるべきで、その方がよい結果をもたらしたはずだと批判しています。また、今回の報告ではコンドロイチンとの併用を調べていますが、教授によるとサプリメンを2種併用することについてはあまり分かっておらず、副作用の面でのデータがなく、現時点では併用の効果については何も言えないとしています。

 グルコサミンやコンドロイチンの関節炎に対する有効性については以前からさまざまな意見が交錯しています。一日も早く統一した見解となることが望まれます。

ハセ博士=薬学博士。国立大薬学部や米国の州立大医学部などで研究や教官歴がある。現在は製薬企業で研究に従事している

  • facebook Share
  • Tweet
  • LINE

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新記事をお届けします

カテゴリ一覧