アンチエイジングニュース

たばこは死に直結――ハセ博士のヘルシー情報最前線(109)

 5月31日から6月6日の間は世界禁煙週間で、各国の学会などで喫煙の問題が取り上げられました。そこで今回は、国内で発表された喫煙の恐ろしさを示す発表を2題おおくりいたします。

たばこは死因に直結する

 喫煙は、高血圧や高血糖、高コレステロールよりも死に直結し、たとえ受動喫煙であってもアスベストやディーゼル排ガスを上回るそうです。

 これは、国内外の各種調査を分析した結果を北海道・深川市立病院の松崎道幸医師が日本呼吸器学会で報告したもので、「禁煙こそが最も重要な病気予防策だ」と強調されています。

 茨城県などが実施した調査に着目し、40歳から79歳までの健診受診者約9万8000人を、1993年から2003年まで追跡し、検査値や生活習慣と死因を調べました。

 その結果、喫煙者の死亡率は、吸わない人に比べて男性で1.6倍、女性で1.9倍だったそうで、高血圧や高血糖患者の死亡率(それぞれ1.3倍から1.5倍)や肥満、高コレステロールの人の死亡率に比べて非常に高いことが明らかになりました。

 特に64歳以下の男性喫煙者の死亡率は吸わない人の2.1倍に達していたそうです。

 松崎医師によると、男性全体の死亡の24パーセントは禁煙していれば防ぐことができ、たばこが男性の早死にの最大の原因であると指摘しています。

 受動喫煙を受ける人の年間死亡率は、1.15から1.34倍に高まるとの調査結果が、ニュージーランドと香港で出ていますが、これを日本に当てはめると、10万人あたり170人から300人程度が受動喫煙の影響で毎年死亡することになるということです。

 アスベスト(石綿)の危険性は新聞などで大々的に報道されましたが、それでも死亡増は年間10万人あたり約100人ですし、ディーゼル排ガスを吸って暮らす人でも約6人と推定され、受動喫煙の恐ろしさが際立っています。

 これらの結果から、松崎医師は「健診などで喫煙の有無を調べ、禁煙を強く勧めるシステムが必要だ」と強調しておられます。

たばこの発がん物質は7メートル先まで飛ぶ。野外での受動喫煙を防ぐには路上や公共施設を全面禁煙にすべきだ

 この提言は、日本禁煙学会(理事長・作田学杏林大教授)がまとめたもので、東京都中央区長や佐賀県知事、静岡市長らの自治体などに送付されたものです。

 最近は職場などで室内禁煙が増えていますが、そのため逆に、屋外に灰皿を設置するようになっています。

 しかし、今回の提言は「煙やにおいは7メートル届くので、直径14メートル以上の空間を確保できなければ灰皿を置くべきではない」としています。

 屋外の受動喫煙に関する米国の専門家の論文を引用して、たばこのにおいや発がん物質は無風の条件下、1人の喫煙者の周囲7メートルまで到達し、4メートル以内では目の痛みやせきなど急性の健康被害が起きるレベルに達すると強調しています。

 私の母親は、喫煙が原因の肺がんで死亡しましたので、気になり取り上げてみました。喫煙は百害あって一利なしです。

ハセ博士=薬学博士。国立大薬学部や米国の州立大医学部などで研究や教官歴がある。現在は製薬企業で研究に従事している

  • facebook Share
  • Tweet
  • LINE

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新記事をお届けします

カテゴリ一覧