アンチエイジングニュース

緑茶とコーヒーに予防効果あり!――ハセ博士のヘルシー情報最前線(103)

 日本の誇る緑茶はさまざまな面で健康によいことが分かっています。特にこのところ抗がん活性や抗ウイルス活性などがよく話題になっています。これは特に緑茶に含まれる抗酸化物質の効果なのですが、さらに糖尿病の予防にも有効であることが分かりました。

 大阪大の磯博康教授(公衆衛生学)らが行なった調査で明らかになったもので、全米内科学会誌(2006, 18 April)に報告されています。

 この調査は文部科学省の研究費による大規模調査で、糖尿病やがん、心臓病になっていない健康な男女1万7413人(40~65歳)を対象に調べたものです。

 それによりますと、調査開始後の5年間にこのうち444人が糖尿病を発症したそうです。そしてこれらの人のデータを詳しく解析したところ、緑茶を1日6杯以上飲む人は週1杯未満の人に比べて糖尿病の発症リスクが33パーセント少ないことが分かりました。

 ちなみにコーヒーを1日3杯以上飲む人も、週1杯未満の人に比べて42パーセント減だったそうです。

 すでに肥満気味の人でもコーヒーや緑茶などによるカフェイン摂取量が多い人ほど糖尿病のリスクが大きく低下していたそうです。

 緑茶やコーヒーなどが含む抗酸化物質にはインスリン抵抗性の糖尿病を改善する効果が知られており、カフェインにも脂肪燃焼を促すなどの効果があることが分かっています。

 私も緑茶党で、そのためかすこぶる好調です。皆様にもお勧めいたします。

ハセ博士=薬学博士。国立大薬学部や米国の州立大医学部などで研究や教官歴がある。現在は製薬企業で研究に従事している

  • facebook Share
  • Tweet
  • LINE

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新記事をお届けします

カテゴリ一覧