アンチエイジングニュース

不規則な時間勤務は前立腺がんに――ハセ博士のヘルシー情報最前線(101)

 前立腺がんにかかる人は、高齢化社会の到来とともに今後多くなることが予想されています。

 今回、工場や深夜営業など昼夜を問わず稼働する職場に勤務する男性は、昼間だけ働く男性に比べ、前立腺がんにかかりやすいという調査結果をお知らせします。

 これは、文部科学省大規模疫学研究班(運営委員長・玉腰暁子名古屋大助教授)が、札幌で開かれた2005年度日本癌学会総会で発表したものです。

 調査では、1988~97年に全国45市町村の事業所に勤務する40~79歳の男性約1万6000人を対象に、勤務時間帯と前立腺がんの発症の関係を調べました。ちなみに、昼間働く日勤グループ1万2756人、夜間働く夜勤グループ1184人、交代制勤務グループ1966人が対象だったそうです。

 その結果、追跡調査中に前立腺がんになったのは全部で55人で、日勤グループ38人、夜勤グループ6人、交代制勤務グループ11人でした。

 この結果を元に、家族歴や年齢、地域差などを考慮して比べたところ、交代制勤務グループは日勤グループに比べて3.5倍前立腺がんになりやすいことが分かりました。

 なお、日勤グループと夜勤グループの間で統計的な違いは見られず、夜勤のみの場合では夜型リズムに体が順応したためと考えられたそうです。

 今までの研究でも、不規則な勤務を続けると体内時計が乱れ、前立腺がん細胞の増殖を抑えるホルモンの一種メラトニンの分泌量が低下することが分かっています。

 交代制勤務がどうしても自分の体に合わないと感じたら、無理をせず、勤務時間を変えてもらうなどの対応をなさってください。

ハセ博士=薬学博士。国立大薬学部や米国の州立大医学部などで研究や教官歴がある。現在は製薬企業で研究に従事している

  • facebook Share
  • Tweet
  • LINE

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新記事をお届けします

カテゴリ一覧