アンチエイジングニュース

重金属と疾病に関する論文

  • facebook Share
  • Tweet
  • LINE

 重金属が体内に蓄積することで、さまざまな疾病が出現しうると言われている。海外では大勢の研究者が積極的に研究をしており、その中から著名な雑誌に掲載された論文を探した。論文の趣旨やタイトルなどを挙げておく。(AACクリニック銀座主任研究員・内山良)

Raised cerebrospinal-fluid copper concentration in Parkinson’s disease.
Pall HS, Williams AC, Blake DR, et al. Lancet. 1987 Aug 1; 2(8553):238-41.

 これは「パーキンソン病患者の脳脊髄(せきずい)液は非パーキンソン病患者に比べて銅濃度が高い」という仮説である。

Mercury intoxication simulating amyotrophic lateral sclerosis.
Adams CR, Ziegler DK, Lin JT. JAMA. 1983 Aug 5; 250(5):642-3.

 内容は「水銀中毒は末梢神経障害や振戦、運動失調、錯乱状態、うつとの因果関係の可能性も考えられる」というものだ。これも仮説である。

The amyloid precursor protein of Alzheimer’s disease in the reduction of copper(II) to copper(I)
Multhaup G, Schlicksupp A, Hesse L, Beher D, Ruppert T, Masters CL, Beyreuther K.
ZMBH-Center for Molecular Biology Heidelberg, University of Heidelberg, Germany.
Science. 1996 Mar 8;271(5254):1406-9.

 「銅(Ⅱ)は慢性神経変性疾患に重大な役割がある」という仮説である。

 他方、血中水銀濃度と脳・神経変性疾患について「今研究では関連性が見つからなかった」という研究(下記)もある。

Blood mercury levels and neurobehavioral function.
JAMA. 2005 Apr 20;293(15):1875-82
Weil M, Bressler J, Parsons P, Bolla K, Glass T, Schwartz B.
Department of Environmental Health Sciences, Johns Hopkins Bloomberg School of Public Health, Baltimore, Md, USA. mweil@jhsph.edu

  • facebook Share
  • Tweet
  • LINE

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新記事をお届けします

カテゴリ一覧