アンチエイジングニュース

カカオ入りチョコレートの効果――ハセ博士のヘルシー情報最前線(94)

 カカオ入りチョコレートを食べると心疾患の予防に有効であることが確認されたというニュースです。

 チョコレートやココアを取ると、血圧を低下させて血管機能を高めたり、糖尿病を抑制するインスリン感受性が向上したりすることが知られています。

 今回の研究はカカオを長期間取った場合、心疾患に関するさまざまな死亡の危険性が低下していたというもので、頼もしい結果です。

 これはオランダ国立公衆衛生環境研究所のBrian Buijsse氏らが明らかにしたもので、Archives of Internal Medicine誌(2006, Feb. 27;論文タイトル:Cocoa Intake, Blood Pressure, and Cardiovascular Mortality)に報告されました。

cacao 研究では、オランダ生まれの1985年の時点で65~84歳の男性470人について、カカオを多く取る人(平均4.18グラム/日)、中間量の人(平均0.92グラム/日)、そしてほとんど取らない人に分け、15年間にわたって血圧、心血管死とその他の原因による死亡の頻度を調べました。

 まず血圧への影響を調べたところ、カカオ摂取量の最も多い群は、ほとんど取らない群に比べて3.7mmHg低く、拡張期血圧も2.1mmHg低いことが分かりました。

 次に死亡率との関係を調べたところ、カカオを多く摂取する人は、心血管の異常が原因の死亡数が半減していました(0.50,p=0.004)。さらに心血管以外の死亡のリスクも半減しており(0.53,p<0.001)、カカオを摂取している人はその他の原因の死亡危険率も低下することが分かりました。

 以上の結果から、少量のカカオ製品を長期間摂取することにより血圧低下がもたらされ、心血管死リスクが減少することが確認できたということです。

 その理由として、血圧低下自体が重要な因子ですが、それ以外にも血小板機能の抑制や悪玉コレステロールとされる低密度リポ蛋白の酸化の阻害やサイトカイン生成、血清コレステロール値の改善などを通じて、カカオ含有製品が死亡率の低下をもたらしていると考えられ、また、カカオが有する抗酸化作用が関与する可能性もあるそうです。

 今年のバレンタインデーは過ぎてしまいましたが、彼氏の身体が気になる女性は改めてプレゼントなさるのも効果的かも知れません。ちなみに4.2グラム/日のカカオは、ダークチョコレート10グラムに相当するそうです。

ハセ博士=薬学博士。国立大薬学部や米国の州立大医学部などで研究や教官歴がある。現在は製薬企業で研究に従事している

  • facebook Share
  • Tweet
  • LINE

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新記事をお届けします

カテゴリ一覧