アンチエイジングニュース

柴門ふみさんが語る愛と希望と恋のホルモンパッチ(2)カロリー計算の仕方

  • facebook Share
  • Tweet
  • LINE

カロリー計算の仕方

 漫画家・柴門ふみさんは意外に(?)健康的な生活を送っていた。そこで食生活について、普段の“傾向”と高カロリーの食事をした時の“対策”などを教えてもらった。

――食事面で気を遣っていることはありますか。

 慢性的な運動不足なので、すぐに太ります。それなのに甘いものが大好きでして(笑)。お酒を飲まない代わりに、毎食後必ず甘いものがないと食事が終わった気がしません。

――菜食主義に走ったり栄養のバランスを考えたりして調整することになりますか。

 バランスは考えています。脂分を減らした料理は、大人にはいいんですが、子供はそれでは満足しませんから、家族の料理を作り分けたりしました。
 野菜は意識して取ろうといつも考えています。野菜といえば葉っぱ類というイメージがあるので、キャベツやほうれん草、白菜などの葉っぱを食べておけばいいかと思っています(笑)。
 海藻やキノコも意識的に食事に取り入れています。古里である徳島のちりめんじゃこやスダチも。あ、これは野菜じゃないか。

――普通の食べ方ですね。

 私の場合、外での食事会というとたいていフレンチやイタリアン、中華のコース料理です。コース料理は高カロリーでしょう。それなのに、出されるとすべて食べる性格なんで、どうしてもカロリー過多になってしまう。

――ご両親のしつけがよかったんですね。

 いえいえ、食い意地が張っているだけです。ただ、嫌いなものはありません。食べ物に関しては欲望のままに生きているので、どうしても太ります。
 そこで、家での食事でカロリーを調整するんです。若いころは、コース料理を食べた翌日の昼を抜けば体重は元に戻ったんですが、45歳を過ぎてからは昼を抜いても戻らなくなってしまいました(笑)。2日続けて昼を抜いてようやく元に戻るというのが現状です。それがきっかけで昼を食べないようになりました。昼なんか食べなくていいんですよね。ちょっとしたスープやカロリーメイトのような補助食品で十分です。

――体重計はよく使いますか?

 毎日乗っています。お風呂から出ると500グラムくらいやせているんですよね。お風呂は40分くらい入ります。

――40分も! 何をなさっているんですか。

 ただ、ぼーっとしています(笑)。冷え性なので冬はお風呂に入らないと眠れないんです。夏も冷房で冷え性なので、必ず湯船につかります。そして、ぼーっとするんです(笑)。

  • facebook Share
  • Tweet
  • LINE

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新記事をお届けします

カテゴリ一覧