アンチエイジングニュース

ドクター皆川のダイエット道(9):ストレス太り

 こんにちは、皆川です。

 ストレスが原因で太ることってよくあります。ストレスを引き起こしている原因がはっきりすれば、減量に役立つこともあります。

 『Modern Physician』という雑誌の今年の1月号に掲載されていた京都府立医大の吉田俊秀教授の論文に、こんな話が載っていました。

 ある肥満の女性が受診された際に、訴えを聞いてみたところ、出かけるたびにお姑さんから「どこへ行くの」「いつ帰るの」と聞かれるため、いつも監視されているようで大きなストレスになっていました。

 そこで、この患者さんに「毎食後の散歩の途中、川原で大声を出してみなさい」というアドバイスをしたところ、ストレスが発散されるようになり、過食がおさまり、治療前に102キロあった体重が、8ヵ月後には66キロまで減量できた――というのです。

 ストレスが発散されるようになっただけで、こんなにも違うものかというくらいドラマティックな例ではありますが、ストレスと食欲とは密接な関係にあるもののようです。


皆川俊一=東京の西の方にある診療所の院長。日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会認定スポーツ医、日本整形外科学会認定リウマチ医


現在のドクター皆川(写真上)
ダイエット前のドクター皆川(写真下)

  • facebook Share
  • Tweet
  • LINE

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新記事をお届けします

カテゴリ一覧