アンチエイジングニュース

アーユルベーダ薬サラシア――ハセ博士のヘルシー情報最前線(50)

 サラシア(Salacia Oblonga)は、古くからインドの伝承医学アーユルベーダで糖尿病の治療に用いられてきたハーブです。

 インドやスリランカに自生し、ニシキギ科に属します。サラシアに含まれる「サラシノール」が糖分を体外に排出させたり、また血液中に吸収されるのを抑制すると言われてきました。

 今回は、このサラシアが食後の血中インスリン・レベルと血糖値を下げることが科学的に証明されたという話題です。

 これは米国オハイオ州立大のSteve Hertzler博士らが、米国糖尿病学会誌(Journal of the American Dietetic Association, January 2005, Volume 105, Number 1, p65)に報告したものです(論文タイトル: Effects of a medical food containing an herbal α-glucosidase inhibitor on postprandial glycemia and insulinemia in healthy adults)。

 研究では、健康な人29人に空腹時に一定量の脂肪と炭水化物、たんぱく質を取ってもらい、同時にさまざまな濃度のサラシア抽出物を飲んでもらいました。

 次いで、15~30分ごとに血液を採取し、血中のインスリン・レベルと血糖値を測定しました。同時に1時間ごとに呼気中の水素とメタンの含有量も調べ、さらに吐き気や腹痛・腹部膨満感なども調べたそうです。

 その結果、サラシア抽出物を1000ミリグラム取った人は、サラシアを全く取らなかったグループに比べて、血中インスリン濃度が29パーセント減少し、また血糖値も23パーセント減少していたそうです。

 この時、特に消化器系の不快感はなく、また呼気中の水素含量がサラシアの用量に応じて増加していました。

 この結果は、サラシアが糖尿病の薬であるアルファ・グルコシダーゼ阻害剤と同じ作用機序を持つことを示唆しているそうです。

 以上の結果から、サラシアを摂取した場合には処方薬と同等の効果が期待され、このハーブが糖尿病治療の代替薬として使用できる可能性があるとされています。

 今後、サラシアが最も効果を示す量と摂取するタイミングを調べ、さらに糖尿病患者さんを対象とした研究を行なう予定だそうです。

ハセ博士=薬学博士。国立大学薬学部や米国の州立大学医学部などで研究・教官歴がある。現在、製薬企業で研究に従事している

  • facebook Share
  • Tweet
  • LINE

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新記事をお届けします

カテゴリ一覧