アンチエイジングニュース

風邪や月経障害に有効なのは――ハセ博士のヘルシー情報最前線(41)

 カモミール(別名カミツレ)はキク科の一年草の薬用植物で黄色の花をつけますが、乾燥した花は強い香りと苦味があり、昔から発汗剤として風邪などに使われてきました。

 このカモミール茶については、動物実験を行った研究例はたくさんあるのですが、ヒトに対する研究はほとんど行なわれていませんでした。

 そこで今回は、カモミール茶に含まれる成分が、実際に人の風邪症状や月経痛などを改善する作用があることが分かったというニュースをお知らせします。

 これは、英国インペリアル・カレッジ・ロンドンのElaine Holmes博士らが、農芸化学誌(Journal of Agricultural and Food Chemistry, ; Jan. 26, 2005)に報告したものです。

 研究では、14人の被験者にジャーマン・カモミール花と葉のお茶を2週間にわたって1日にカップ5杯ずつ飲んでもらい、尿中に出てくる成分について検討しました。

 その結果、筋肉の痛みや月経痛を緩和するグリシンの尿中の濃度が上昇し、ウイルスなどに対する抗菌活性が増大していることが分かりました。

 また、お茶を飲むのをやめても、このカモミール茶の効果は少なくとも2週間は継続していたそうです。

 さらにこのお茶には抗癌性があり、コレステロール値を下げる効果もあるそうです。

ハセ博士=薬学博士。国立大学薬学部や米国の州立大学医学部などで研究・教官歴がある。現在、製薬企業で研究に従事している

  • facebook Share
  • Tweet
  • LINE

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新記事をお届けします

カテゴリ一覧

  • アンチエイジングセミナー2017
  • アンチエイジング大賞
  • 管理栄養士監修 アンチエイジングレシピ集
  • アンチエイジングのヒント
  • アンチエイジング医療機関へ行こう!

よく読まれている記事

まだデータがありません。

医療機関のご紹介

テーマ別に対策を学ぶ