アンチエイジングニュース

代替医療に必要なこと――ハセ博士のヘルシー情報最前線(38)

 この数年、米国でもサプリメントをはじめとして漢方薬や鍼灸、ホメオパシーといった従来の西洋医学とは異なる、いわゆる代替医療が盛んになってきました。

 この傾向は日本でも変わらず、高齢化社会の訪れとともに、ますます盛んになると考えられています。

 先日米国政府機関が発表した米国成人3万1000人に対する調査結果では、米国人の35パーセントが何らかの代替医療を受けたことがあるということです。

 例えば、ハーブサプリメントは1997年には12パーセントの人が使用していたに過ぎなかったのですが、2002年には18.6パーセントに増え、約3800万人が使用しているそうです。また、全人口の約5パーセントに当たる1000万人がヨーガを実践しているとのことです。

 このような代替医療の広がりは、セルフケアの観点から見ると非常に素晴らしいことなのですが、代替医療の中には科学的に見るとおかしいものもあります。特に近年の医学は、「証拠に則った医療」(Evidence Based Medicine, EBM)が重要視されており、本当に有効な医療を行なう必要性が叫ばれていますので、なおさらです。

 それに従って、代替医療といえども科学的に実証されなければならないという考えが広まってきています。実際、全米医学協会をはじめとして多くの機関が代替医療に対して有効性と安全性を評価するための標準化が必要であると述べていますので、ご紹介いたします。

 ロイター通信(2005年1月13日)は、代替・統合医療の指導者であるハーバード大学医学部のDavid Eisenberg博士らは政府関係者が、業界・研究者・消費者などに対して各治療法の有効性を明らかにするよう働きかけるべきであるとの論評をしています。

 医療従事者と患者は代替医療の安全性と有効性について十分な情報を持っていなければならないと、ジョージタウン大学医学部部長Stuart Bondurant博士もコメントしています。

 特に同一の原理と標準を定め、代替医療を評価すべきで、そのためには実際に有効で安全であるというエビデンスが鍵になる、としています。

 国内でも漢方薬の再評価が始まっていますが、このような科学的見地からの代替医療の見直しの時期がきているように感じます。

 しかし、西洋医学的な評価法がそのまま東洋医学やほかの代替医療に使えるかという問題点もありますので、政府や大学、企業が十分論議した上で評価基準を作っていただきたいと願っています。

 国内でも、「日本代替・相補・伝統医療連絡会議」や「統合医療学会」あるいは「日本補完代替医療学会」が設立されていますので、その活躍が期待されます。

ハセ博士=薬学博士。国立大学薬学部や米国の州立大学医学部などで研究・教官歴がある。現在、製薬企業で研究に従事している

  • facebook Share
  • Tweet
  • LINE

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新記事をお届けします

カテゴリ一覧